バルサミコ酢の美味しさを語る

卓球歴15年の公務員。 基本的に読ませる為の努力をしない、推敲はしないがモットーの垂れ流しブログです。より卓球が面白くなるように、より卓球が上手くなるように具体的にどうすればいいか考察していきます。 にわかながら医学書を引っ張ってきて関節運動を考えながら、高校物理レベルの知識を用いて考察していきます。 解剖学的に正しい論理を構築し、真理追求を目指します。

バルサミコ酢の美味しさを語る イメージ画像

練習

本日三つ目の記事ですが、楽しかったのでさくっとまとめました。後輩と相当久しぶりにゲームした。「サーブイップスを克服しました! 」と意気揚々とフォアサーブを出され続け、バックサーブもいい時のまま。更には巻き込みサーブも以前よりも低くて切れてて、火曜日練習した
『強い相手と試合するとあるある~待ち方を忘れたので頑張って動かないように動く~』の画像

前記事:「一歩先を考える②;ツッツキを逆張りして正当化する」微細なタッチを学ぶためには、そもそも絶対に飛ばない条件を知らねばならない。 ツッツキを飛ばさない方法は上下方向、前後左右のベクトルの衝突を避けることだが、流れの中で相手に打たれないようにボールコ

ふと勉強しながら玉突きをして思った。玉突きのやり方ってどうするんだろう、と。ただ玉突きするのと、玉突きせずに玉突きするのとか色々あるなぁと。普段意識していることをそのまま玉突きに生かしてみようとしたらどうなるんだ、と。色々やってみて気付く、色々な感覚覚え

戒め記事です。かれこれ四か月ほど自分から打つ練習はしていないし、打てるボールも繋いで打たせていたら癖がついてしまったようで…久しぶりにゲームしたら全く打てるボールが来ないと錯覚し延々と打ちこまれてしまうという。流石に高いボールならチャンスボールと判断でき

一瞬で上手くするにはこの上ない練習法である「システム多球練習」徹底的に必要な展開のみに絞り、繰り返し詰込み型で練習する方法である。前々からいいよーとはブログで言っていた(?)かもしれないが、やはりいい。実際に試合に使える手筋をそのまま多球でするわけで、そ
『やっぱり凄いぞシステム多球練習』の画像

今日は実習最終日ということで、明日から卒業試験に向けた日々が始まる。その一方で期待の後輩(県32のカットマン)が大会参加を表明。今年はいいかなと思っていたが、流石に彼が出るなら、、とモチベーションを少し。とりあえず、1か月勉強漬けの日々に加え毎日のランニング

↑このページのトップヘ