バルサミコ酢の美味しさを語る

卓球歴15年の公務員。 基本的に読ませる為の努力をしない、推敲はしないがモットーの垂れ流しブログです。より卓球が面白くなるように、より卓球が上手くなるように具体的にどうすればいいか考察していきます。 にわかながら医学書を引っ張ってきて関節運動を考えながら、高校物理レベルの知識を用いて考察していきます。 解剖学的に正しい論理を構築し、真理追求を目指します。

バルサミコ酢の美味しさを語る イメージ画像

仮説

お蔭様で当ブログも合計アクセス数70000超、ブログ開始時はアマゾンアソシエイトに弾かれたものですが、久しぶりに登録してみれば審査に通りました。アフィブロガーとして頑張っていきたいところですが、そんなに商品を紹介するつもりもありません。今後も妄想垂れ流しの記事
『仮説;膝使えは間違い説。股関節の使い方を上肢を交えて考察。』の画像

※あまり考察が進んでいないためあくまで仮説。医学生とか解剖学を触っている人向け。なんか間違っているかも、と思われた際は仮説なので大目に見て下さい。間違いなく、勉強不足記事です。初めにまとめ・上腕前面の筋肉と後面の筋肉は逆の働きをする。・スイングで効かせる

あくまで仮説、これから検証していく事柄。提言;「打つ直前にテイクバックする」は「テイクバックしているように見えるのは関節の使い方が実は同時じゃなかった」ことの見間違えで、「股関節を使ってから肩を使うから脇が開いて見え、それが意図的にテイクバックしているよ
『真夜中に気付く強打の魔法;肩と股関節はズラして使う。』の画像

フォアもバックも前腕を使って~とよく言われるが、これは多くの場合嘘を言っているというように最近思えてきている。あくまで「多くの場合」と枕詞を付けるのだが、その多くの場合とは「安定してミスなく打つことができない場合」である。フォアとバックを教わる際、前腕を
『前腕信仰の罠』の画像

※私はYGが下手です両者共にYGが効いてる試合のように見えたのでよーく見てみた。するとトス位置が離れたところから体よりに投げている(良く言われるやつですが)そんでもってスペース連打で場面を切り取ってみた打球直前なのだが気になるポイントとして・そんなに振ってい
『非常に浅いYG考察』の画像

この仮説に気付いてから全く勉強が手に尽きません。。。部活行くまで6時間は勉強したし、あと4時間くらいやれば、、、なんて思ってたらまだ1時間しかできていません。。。もう備忘録として書いてまとめます。。なぶりがきです。。。多分これを読んで理解できる人はなかなかに

明日書こうかとおもったが、書き始めたらさくっとできてしまったので、あげてみた。君は、 大矢英俊を知っているか? 私が好きな種類のバックハンドを打つ男が彼、大矢英俊である。そして、大矢英俊もまた「高速卓球の使い手」であると言っていい。最近よくメディアが口に
『高速卓球:平野と張本と丹羽、そして大矢英俊という奇才』の画像

卓球において回外位、回内位の意識をされることは無い為、面を固定しての打法はあまり研究されていない。しかし、その一方で上級者のドライブはnaturalに面固定を打球の直前直後で行っている傾向がある。そうしなければ強いボールを安定して出すことは難しい。上記が私が常々

↑このページのトップヘ