バルサミコ酢の美味しさを語る

卓球歴15年の公務員。 基本的に読ませる為の努力をしない、推敲はしないがモットーの垂れ流しブログです。より卓球が面白くなるように、より卓球が上手くなるように具体的にどうすればいいか考察していきます。 にわかながら医学書を引っ張ってきて関節運動を考えながら、高校物理レベルの知識を用いて考察していきます。 解剖学的に正しい論理を構築し、真理追求を目指します。

バルサミコ酢の美味しさを語る イメージ画像

動画紹介

肩甲骨打法とは?という問いに様々な方が動画を出されていますが、まず基礎知識として誰が起源か知っていますか?歴史的なところで言えば卓球王国で話題を作った高島氏でしょうが…私はあまり好きではありませんでした。氏の説明は肩甲胸郭関節を推すもので中学生の当時はこ
『医学部×卓球部だからこそ語る偏見まみれの肩甲打法の真実』の画像

はじめに、最近しろのさんに「3Hit理解できました!」と記事をあげて頂き嬉しい反面、「全然わかんないよ!」とコメントを頂いたりと理解できない人もいると言うことで、どうも記事を書くのも難しいなと思うところ。簡単に説明すればするほど、教えたいことが曲解して伝わっ
『わかりやすい姿勢の動画』の画像

当ブログにてよく「押し押し系のペン粒」と表現していた某医学部の強いペン粒が全国デビューしてしまいました、、、こうなると実名出してもいいですよね?卓球王国乗るみたいだし笑すごいな鵜養くん。郡山に勝つってよっぽどだよ、ほんと。。。大物食いするのは、ダブルスを
『鵜養くんが全国デビューしたので便乗して。』の画像

卓球したいのに、、、打てる人が忙しくてなかなか打てませんね。バルサミコです。現在麻酔科を研修中で、導入から覚醒まで最後まで見た後に、術前回診してICを取ると気付けば晩に。飲み行ったら一日終わり、朝はICU、導入・・・というループで、飲み行ってる限りは卓球出来
『ラケットをそろそろ握りたくなってきました・・・』の画像

 韓国強すぎて・・・。それに相当メタられてましたね。。チョンヨンシクが対日本性能抜群ですよ。水谷の対策がまさに全日本での張本戦術。フォアに順横系サーブを出るか出ないかで出し、払われたらミドルorバック奥から前陣勝負、もしハーフロングをループしてきたらカウン
『男子日本代表vs韓国「韓国でブルースポンジ流行ってるの?」』の画像

 ゾーンに入るとはこのことか、水谷が前陣に張り付き、受けで読みを合わせながら一発で仕留める。張本よろしくの超前陣卓球を見せつけてくれた。3ゲーム目から4ゲーム目まではまさにゾーンと言っていい内容。何をしても入る水谷。そして、ダイナミックな咆哮。最高だね。し
『全試合決勝戦:日本対韓国第2試合水谷対イサンス「ゾーンインからの超前陣卓球」』の画像

動画のタイトルでもはや全日本クラスなんてつけられてて、やりすぎだろとも思ったもののこの動画を見る限りそう期待したくもなる。フォアのフォームがあまりにいいんだもんお兄ちゃんのフォームの中でも最新型に近いし、打球点も身体から近い位置かつ、横に置けている為に肩
『張本美和ちゃんが熱い;持論で解剖学的解説「フォアドライブまとめ」』の画像

この試合動画の56秒あたりからのボールの弾道と、打球音に注目。着弾後の意味不明なうねりと、パチンとした音。明らかにこれはテナジーのそれではないですよね。。石川、みまちゃん、ひなちゃんに続いてこの子も粘着チャレンジですか、、、いつからこのラバーに変えたんでし
『平野美宇ちゃんが粘着性ラバーに!?』の画像

※ 休止中に書いたまま上げそこなったものです。  卓球あんまり関係ありません。  結局それかよ、、、とおもわないでください。先日、ネットサーフィンをしていて「不倫しやすい人の特徴五選!」 みたいのを見つけた。するとその一つに「酒癖が悪い」とあった。この酒
『保身と利益の関係;守備的な戦い方のダメなパターン』の画像

「水谷が前陣卓球で張本に対応した」と言われるこの試合。動画をようやく見つけたので全編見てみました。試合を通して水谷が前に張り付いてカウンターで対応していますが、随所で張本をの読みを外すプレーが見られましたね。サーブの配球なんかもかなり練られていて、ベース
『ジャパントップ12 水谷対張本 感想』の画像

見れば見るほど理由が一つしか浮かばないのです。彼の動き誰かに似ていると思いませんか?私は森薗くんにしかもう見えませんよ、、、、フォア前からフォア前へのストップがかなり独特で回転がアップ、下、横、ナックルと全部ありそうなのが唯一の彼らしさで、あとは森薗くん
『カルデラノが何でこんなに打って入るのか』の画像

結果と総評しか見たことが無いので、見て止めながら考察していく。やる気を見せなかったアーサル、とのことだが果たしてどうだろうか。是非動画を見ながら、合わせて読んで頂きたい。1ゲーム目全体的に張本が圧倒、と言える内容だが、確かに違和感が残る内容。攻めれるポイ
『チームワールドカップ:張本vsアーサル』の画像

  2:54~くらいからの馬特の足運びに注目。最初の2歩で落下地点に寄ってボールが来るまで動作を緩めるのが印象的。卓球の場合落下地点で待つ競技でなく、打球点で待つ競技な為、動作を徐々にゆるめて待つよりもテイクバック→狙いの動作まで加速しながら打球点に近づくこ
『卓球でバドミントンのフットワーク?』の画像

 数年前にこれを見つけて以来、(投稿者は違うが)よくこの動画を見てループドライブ研究をするのだけれど、最近の打法研究に基づいてみるとなかなか違った形で見える。コースが分かり辛いとかそんな平凡なことを言ってるのではなく、ボールの球質を変える為の打法指導の
『劉国梁のループドライブ指導』の画像

短いツッツキを送ってからの展開を研究していて思うのだが、自分が打てるボールが来た時、やれることとして技術の種類の何があるかの幅があることよりも、明確に違う球質のボールをいくつ出せるか、もしくは相手が知らず知らずミスをするような球質差が出せるか否かの方が重
『分岐がある戦術が淡白に見られる場合』の画像

 ワンハオの卓球しているのを久しぶりに見て面白かったので紹介。2:40~あたりからのワンハオの巻き込みサーブに注目。(下手したらカメラの角度の原因でバーティカル系サーブが巻き込みに見えているだけかもしれないが、、、)巻き込みのフォームにしか見えないのに、出て
『巻き込みなのに順横?』の画像

 晩御飯食べながら見ていて感動したので、要点を簡略にまとめる。よくフォアサービスではフェイントの為に肘をインパクト後に上げろ、と言うが、この櫻井さんのサーブは肘を上げながらインパクトしている。これにより、ボールとラケットを寄せる効果が生まれ、前方向への
『短くて切れた下回転の動画』の画像

 最近よく見る東大数学科の方の動画。受験数学の問題の裏に潜む証明の罠なんかを丁寧に解説してくれていて、ほぼほぼ数学を忘れていても面白く見れるのでオススメ。本動画では、頭いい方なら当たり前だなあと思われる内容かもしれないけれど、言われなければ気付けないこ
『卓球には関係ないけど思考訓練として』の画像

スピンで押すのが代名詞のボル。高速卓球にマッチしてきた。コース自在のショートスイングのカウンター。ミドルとサイドの択が馬龍を狂わせた。バックへのツッツキに対する対処もループだったが、これは以前から狙われているとブログで書いていたし、張本にも狙われたが、ま
『ボルが回転を捨てた日』の画像

アジアカップのファンツェンドン戦見てても思ったけれど、以前と比べて顕著にコンパクトスイングになった。台上ドライブに関しては最たる例で、森薗くん、張本くん、ファンツェンドン、日本女子選手全般のフォームに類似している。肘を突きだして空間を作り、そこに呼び込む
『水谷のバックのフォームが変化した』の画像

これまで見たことが無いタイプ。攻めありきの伸ばし伸ばしをベースとして長短変化からチャンスボールを狙うタイプ。強い人に勝ってるし、勿論強いんだろうけれど、多分誰がやってもやりやすいんじゃないだろうか。点数が取れるという意味ではなく、雑な質でも勝負できるとい
『止めないタイプのペン粒動画』の画像

最近後輩に一斉指導して重点的にやらせてる練習。ちょうどよく上手い人の動画が出てた。監督さんの説明を聞いてみなさんは理解できるのだろうけれど、私は何いってるのか全く理解できないので選手の動きだけ参考にされたい。(前腕だけでピッチが遅くなる理由とか、前腕使え
『前中陣でのフォア対フォア』の画像

9/8 改正   黄色のユニフォームの子のバックドライブのフォームがファンツェンドン系。テイクバックを前腕で取るのではなく、肩肘を出して取る為に、前腕の後ろから前の運動制限をかけることができる。それにより過度な前方向のスイングをすることなく、理想のインパクト

ついに張本君がツアー初優勝!まさかあのティモボルに勝つとは・・・ティモボル戦はティモボルのバックから触れない程早いぶち抜きが無いことを焦点とした試合内容。両ハンド待ちしているティモボルに早いピッチでバックで振っていくことで徐々に下げていき、バックに低く緩
『張本君の進化が止まらない。』の画像

前回記事:非常に浅いYG考察 今回はもっとあっさり。 卓球はしばらくしてませんが、気晴らしにジョギングしながら素振りしていて気付いたこと。YGで肘出す理由は「バックスイングをするスペースを作る為」わざわざ肘を出すという大きな運動が入っているわけだから、肘を出
『非常に浅いYG考察②』の画像

どんなに簡単な試験でも気を抜けない卒業試験シーズン後半が再び始まりました。「まあ余裕でしょ。みんなそんなに勉強してないって」と手を抜き、追試になるのは楽観主義者。私も後半からは人並にやろうと決心したところです。それ故に試験終わりにはどっと疲れ、何もしたく
『全国公の面白い試合』の画像

今回は粒高ユーザー必見の動画。  以前見ていたオランダの日本人の粒高選手の動画。知人のプロ選手曰く、彼はオランダ生まれオランダ育ちで日本語は上手く使えずとのこと。久しぶりに彼の動画を見ていたら見つけてしまったのがこのとんでも動画。後加工か!?と思うも本人
『そんなのありかよ;最強の粒高ラバーの作り方』の画像

まずはいくつか参考動画  上は松平お兄ちゃんが使ってるサーブ 田添君のサーブ 三部君のサーブ 三部くんとオフチャロフちょっと古い動画もあるが、全てに共通するのはみんな順横系のサーブの中でも「球足が速い」サーブを使っている。最近の選手に限って言えば、馬龍な
『最近の日本選手で流行ってる?順横系サーブ』の画像

 独特なルールで行われているのもあってか卓球でも実現してしまったブザービーター最後の点数は入ったかどうかは調べていないので定かではないが、入っていたらブザービーターと言っていいでしょう。試合を見ての簡単な感想として、意識的かはわからないけれど、水谷選手
『ブザービーター』の画像

※私はYGが下手です両者共にYGが効いてる試合のように見えたのでよーく見てみた。するとトス位置が離れたところから体よりに投げている(良く言われるやつですが)そんでもってスペース連打で場面を切り取ってみた打球直前なのだが気になるポイントとして・そんなに振ってい
『非常に浅いYG考察』の画像

↑このページのトップヘ