バルサミコ酢の美味しさを語る

卓球歴15年の公務員。 基本的に読ませる為の努力をしない、推敲はしないがモットーの垂れ流しブログです。より卓球が面白くなるように、より卓球が上手くなるように具体的にどうすればいいか考察していきます。 にわかながら医学書を引っ張ってきて関節運動を考えながら、高校物理レベルの知識を用いて考察していきます。 解剖学的に正しい論理を構築し、真理追求を目指します。

バルサミコ酢の美味しさを語る イメージ画像

戦術的な

※久しぶりにブログっぽいブログを書きます、長めです昨年の東医体から、一年ぶりに試合してきました!!!久しぶりに声を出せて楽しかった、、、、やっぱり卓球は声を出すのが楽しいですよね私が今回出てきた試合は鶴岡市民総体田舎ならではの学区毎での団体戦です。地域密
『市民総体参戦:実践OBと打ってきました』の画像

3Hit記事にぴーろんさんからこんなコメントを頂きました。 ネタもないので、記事にてお答えします。端的に答えを言いますと、3Hitは適応可能です。と言うより、どんな選手も無意識にやっているのが3Hitですから。より意識的にやることでミスが減るのは、私としては当然と思
『【質問にお答えします】チャンスボール打ちミスの考察』の画像

心理と感情は常にイコールじゃない、時に全く不合理に見える結論を出してしまうのはそのせいだ。 突然何を言い出すのかと言えば、まあとある作品からの引用です。今回のテーマは自己管理ができていないと上手くいかないよ、という話。よく試合をして誰もが感じたことがある

このネタは何度も使っているかもしれないが、ある時私の尊敬する某先輩は言ったのだ。「相手おっぱいおっきいから、両サイド狙いな。あと台上も。」ほぉー。私は感嘆せざるを得なかった。よく見ているなーって。確かに胸邪魔で切り替えできないわ、と。それ以降対巨乳システ
『(大真面目)対○乳システム』の画像

※夏に書いた記事:ツッツキ合いが生じるレベルの女子卓球の研究。 の追加事項です。もう大会に関わることは無いし、女子のベンチに入ることも無いので惜しげもなく書こうと思います。今大会のうちのエースダブルスにはこれさえやってりゃベスト4以上、とサーブレシーブの

「水谷が前陣卓球で張本に対応した」と言われるこの試合。動画をようやく見つけたので全編見てみました。試合を通して水谷が前に張り付いてカウンターで対応していますが、随所で張本をの読みを外すプレーが見られましたね。サーブの配球なんかもかなり練られていて、ベース
『ジャパントップ12 水谷対張本 感想』の画像

明日から群馬で東日本医歯薬ですね。3月の春休み序盤ということもあり、学年末試験に追われあまり練習できていない選手もいることでしょう。東医体と違って練習できている選手が少ないために、より練習している人が勝ちやすい大会というイメージもありますが、 これもまた勉

 プロみたいにいつもぶち抜きチキータできないこう疑問を思ったことがある人は私だけではないはず。自分でいうのはなんだが、ネットより高いサービスならぶち抜ける方法は心得ているつもりだし、フォームもそんなに悪くない。なのになぜいつも入らないのか。・・・自分で答

昨日は久しぶりに3時間みっちり同じレベルでバチバチにやれる後輩とオールメインで卓球した。グリップの考察(前記事:グリップの脱力の最小単位)とか、上腕の運動の考察 (編集中)もあってかボールの収まりが良く、ストップもレシーブも低くコントロールできた。また試験
『何よりもまずは浮き球処理~張本くんのバックドライブを研究して再認識したこと~』の画像

短いツッツキを送ってからの展開を研究していて思うのだが、自分が打てるボールが来た時、やれることとして技術の種類の何があるかの幅があることよりも、明確に違う球質のボールをいくつ出せるか、もしくは相手が知らず知らずミスをするような球質差が出せるか否かの方が重
『分岐がある戦術が淡白に見られる場合』の画像

この前の大会でなんというか燃え尽きてしまった感がありありの私、バルサミコです。読者層の幅が広がったことがわかりましたので、今後のブログの方針を軽くかいておきます。この前の大会で「回内回外 卓球」で私のブログに辿りついてしまった某県のお強い選手に声をかけて

今大会試合には出ず、監督ポジをメインにベンチにおよそ30~40試合は入っただろうか。少なからずみるべきポイントがあまりに多すぎて、楽しくて楽しくて仕方がなかった。あまりベンチに入ったことが無く、アドバイスの仕方がわからない人向けに、私なりに今大会に向けて準備

「バック対バックでぶち抜き系の強いボールを前陣でぶち抜き返せない」どうしたらいいんだ、、、そう思ってプロの試合動画を見ていてもぶち抜きをぶち抜き返してることなんてない。そもそも無理なチャレンジをし続けていた・・・マロンを例にとってみるとファンツェンドンに

あくまでこれは私の経験談。多分前も同じような内容で書いたことがあるが、再び考察しなおすとまた違った見え方が。昨年シングルスで当たった相手が両面表の変則型。フォアでちょりちょりかけることができたり、フォアで飛びつきでクロスにぶち抜いたりすることができるが、

※ネタ記事  恋しちゃったんだたぶん、気付いてないでしょ?―――――――絶対それ気付いていないから、、、現実ってのは大方そんなもの。こんなね、一方的で支配的なものの見方で勝負できるのかと。いや、いいんだよ?別に、自分のロジックとして相手から見られているこ
『いつ好きって言う?:駆け引きと理不尽』の画像

この試合は見どころ満載。中でも二人の選手のこれまでとの大きな違いを説明する。カウンターを愛し、カウンターに愛された男丹羽。先の世界選手権でもカウンターお化けっぷりをドイツ・ドルトムントにてこれでもかとひけらかしてきたわけだがジャパンオープンでも如何なく発
『ジャパンオープン:新型丹羽vs新型馬龍』の画像

うえっ考察をしようと目に入ってきたこの動画。なかなかに衝撃的。爆発していた吉村がそのままファンボーを食いかけた。試合を総括すれば、ラリーで勝ててたし、サーブレシーブでも優勢を保てて、要所でもきっちり攻めにいけた吉村。しかし勝ちを意識した吉村は繋ぎにいき、
『吉村和弘は強い。』の画像

明日書こうかとおもったが、書き始めたらさくっとできてしまったので、あげてみた。君は、 大矢英俊を知っているか? 私が好きな種類のバックハンドを打つ男が彼、大矢英俊である。そして、大矢英俊もまた「高速卓球の使い手」であると言っていい。最近よくメディアが口に
『高速卓球:平野と張本と丹羽、そして大矢英俊という奇才』の画像

惜しい。ファンの圧倒的攻撃力といなしとバランス感覚の許はやはり強かった。大島へのミドル攻めが明らかに効果的で、要所で森薗のフォアサイドを狙われたのは痛かった。対中国としてはストレート攻めは明らかに有効だったが、その前のしかけが問題か。結果的にはほぼ五分だ

歴史に残る一戦。 お互い対応に対応を重ね、両コースに同じモーションで一発とカウンターを打てる丹羽の内容的完勝。 オフチャロフのバックへのロングサーブから頑張って勝負する姿には感動した。 試合全体を見て光っていた技術はオフチャロフのバック強打と、丹

予想を思いっきり外したがとてつもなくいい試合。許勝つかと思ったが、こんな勝ち方を予想できるわけがない。手が震える。8-4で引き合いミスして許負けたかと思ったが、そこからが始まりだったフルゲーム5-10からの挽回勝利。サーブミスが全ての引き金だった。乱数調整かシュ

ヤフコメで多く寄せられたのが「大人げない」「まなー悪い」「今後の出場停止」「イエローカード」なんてコメントばかり。筋違い甚だしいし、にわか卓球ファンの無知丸出しで酷いものだと。ピシュテイのやらかしたと思われるバックサーブからの得点なんてのは実際「得点」に
『ピシュテイ批判が多くあるようだが』の画像

三部 対 酒井 関東学生リーグでの試合三部君のキレイな両ハンドにほれぼれする。やっぱり中陣が強い。前陣でもアドを取られないように五分五分で得意なテリトリーまで粘るし、粘ったらキレイなフォームで潰しにかかる。この動画では三部くんのサーブに注目して欲しい。触

先日後輩とオールをしていて言われたことば「打ちにいかないと点にならない」試合前になると私は後輩と打つ時、浮いたら問答無用でぶち抜きにかかる。普段であればある程度気持ち良く卓球できるように配球に気を遣うが、試合前に緩手でチャンスボールを貰えて強打できて自分

試合動画フル随所で話題になっている注目の一戦。結果は石川のリベンジで終わったが、この試合をあなたはどうみているか。大方私のブログでは独自の観点から考察しているのもあり、有名なブロガーの見解から外れているかもしれない。実際有名ブロガーとは卓球を違った観点か

Aruna アルナと聞いて思い出すはジーコとの大激戦、というのは通ぶった人だろう一度大爆発したアルナ、そこからはあまり大きな活躍は聞かないが世界上位レベルで「不器用な卓球」を成立させている選手黒人選手で強いというと多少差別的なニュアンスを含むのかもしれないが、
『フレイタスとアルナの試合から学ぶ~戦法と期待値の取り方~』の画像

上手い人がよくやる展開下記動画6分5秒から鈴木選手の三球目のツッツキに注目打たれないことを確認しての緩いレシーブ  回り込みをしてこなくて、かつ台に張り付いていることを確認しながらバックに緩いボールバックで打たれても次に取れるからこその緩手打たれなければ次

前回記事技術的優位性と精神的優位性の考察から質の高いボールの本質を探る をスタッツの観点から考察した為、スタッツ論と今後呼称する。カテゴリーにもスタッツ論としていれておくので、今後はそれを活用されたい。今回スタッツ論に関して追加しておきたい事項として1 MS

祐コーチの試合動画 祐コーチの動画に↑のようなものがあったお相手側とはついこの前試合したし、なんなら試合する前にもこの動画が分割で全て上がっているようで。。試合前に見て置けばもっと弱点しって臨めたのに、、と思うところではあるが、我々とダブルスで試合する前

※1 自分を抑える意味での我慢、耐える意味での我慢が大事という趣旨を無理矢理一般的にしようと考察していく内容です。※2 何度か加筆していきます。割とheavyな分量・内容です。理解できない方は諦めて下さい。※3 本記事での内容をスタッツ論とします。今後とも使う知

↑このページのトップヘ