今更といっても二か月ほど前ですが、めちゃ面白い試合ですね

ずっとにやにやできちゃう

セル時代の方が全てにおいて幅があるから、いい意味でブレてて面白い




昔の試合の中でもこれもまた面白いですよね

現代卓球的な難しい技術は無いけれど、人間味が出てて




今の卓球ってどの技術もラバーとボールのせいでやりやすくなった一方で、入れ続けるのを前提にフィジカル無きゃだめだし、工夫してこねくり回しても結局ラリー戦になるしで人間味も出しづらければブレも少ない

技術としての難しさは現代卓球だろうけど、過去の環境の卓球の方が人間味があって奥ゆかしい

こんな観点で今と昔の卓球を見てると懐古厨になりがちだけど、今は今で面白い

なにせどの選手を見ても同じようなフォームで最適化されているのだもの

多様性が無くなったけれど、正解に身近に触れることが出来る

となれば正解しかありえない中で多様性を生み出すためには…?

こんな視点で現代卓球を眺めてみると、これまた面白いものです