身体の前で打て
よく巷で言われる指導ワード
身体の前で打った方が、打球点が早くなり、かついいボールが出るから
なんて理由で言われた通りにやってみた人は多いことだろう
しかしそれと同時に疑問に思うのは、「前ってどれぐらい前なのか」、「前で打つとミスが増える」、本当にこのアドバイスって正しいのか

私もそれとなくそのアドバイスを聞き、それとなく棒玉オーバーミスを連発した口だ
だがそこで本来は考えるべきだったのだ、身体の前で打つことの利点と、その効能を
そして、そのアドバイスで達成される条件とは何だったのかを

身体の前で打て
この言葉と共に大概付いてくるワードが「打球点が早くなるから」である

打球点が早くする為に、体から離れた位置で、自分の体よりも前で打つ

勿論、それで打球点は早くなるが、前方向に振りぬく必要性が出てくるため、3Hit条件を逸脱し、より感覚的かつ練習が必要な技術へと昇華されてしまう

つまり打球点が早くなるだけでなく、ミスしやすい条件が付与されてしまうのだ

これは体の前で打つことで得られるのが、ただ単に打球点を早くするだけでなく、ボールを前に強くする2点となることに起因する

結果として、体の前で打つことで付与される条件が複数になる為、原因結果が分かり辛くなり「うまくいく人」と「上手くいかない人」の双方が出てくることとなる

これはバルサミコ的には芳しくないことで、一つの意識で一つの条件が付与されないと、フィードバックが困難となり、上達の妨げとなる

さて、体の前で打て、をただしく分析する為に打球点を考察したい
以前もたびたび議論していることではあるが、打球点を考えるうえでまずは言葉の定義をしたい
今回の打球点は、ラリー中のボールに対し、ボールの進行方向に対しての打球した場所とする
すなはち前陣でラリーしている際、台の中で打ったならばそこが打球点で、打球点が早いとする  
後陣で引き合いをしている時、台から2m離れた位置で、体の近くで引き付けて打った時、そこを打球点とし、打球点が遅いとする
これを客観的な意味での打球点と定義する。俯瞰してみた際の位置。

この一方で自分から見たときの打球点を主観的打球点とする
ボールを台からの距離では無く、自分からの距離として見て、体から離れた、前で打った時を打球点が早いとする。一方で自分の体の近くで打った時を打球点が遅いとする


さて、今回のアドバイス「身体の前で打て」においてはどちらの打球点が満たしているだろうか

言わずとも、主観的打球点である
このアドバイスにおいては、ボールの位置情報は自分から見てどの辺にあるか、にしか焦点が当てられておらず、台上かどうかは考慮されていない
その為このアドバイスを真に受けた場合、その人の立ち位置を考慮していない為、中陣では入るが前では入らない、等といったちぐはぐな状況になりうる
打法を変える必要があっても、打法には言及されていない為、頓挫しやすい。

もし仮に、「前陣で」「こういう振りで」といった前提条件が付けば、十二分に使えるアドバイスとなりうるだろう

ただそれでも例外が生まれるのは言うまでもないだろう

主観的打球点を早くすることは、3Hit的に準じればミスを量産する原因であり、上級者の卓球をいくら見ても、みんなそんなに早くない

むしろ客観的打球点を早めている
更に言えば、客観的打球点が早いのに加えて、主観的打球点まで早いケースは少数派もいいとこだ

客観的打球点が早い選手と言えば、日本国内で言えば張本、丹羽、森薗が挙げられるだろう

こうした選手が台から距離をとって体から離れた、体の前で打とうとしているだろうか?
否、皆台に張り付いて、台から出そうなところを狙い打つ
台から出そうなところというのは、おおよそ足の少し前の位置、つまりは3Hit的に最適な打球点としている主観的打球点である
参考:フォアドライブ指導

体の前で打てと言っても、指導者が「この辺り」とさしているような、体から大きく離れた主観的打球点では無いのだ

多くは基礎打ちなんかの限定的場面のみに絞り、上手くいっているような演出をする
だが実際に試合の場面で強打をする時、基礎打ちのような主観的打球点で打つことは無いのも付け加えておこう

基本的にその人の打法、その人の身体の高さに応じて、適切な打球点と言うのは規定されていく
これが私が先のリンクにて定義するような「右足つま先の前」には限らない
私の指導を受けた後であれば、そこ以外の場所だとミスしやすいのを理解し、それに準じたフォームになるだろうが、その人の指導環境や習ったフォームに従って、最適な打球点は前後するだろう

卓球という競技は自分にとって最適な主観的打球点を、動くボールに対して合わせ続けながら客観的打球点とすり合せをしていく、音ゲーのようなものだ

この主観的打球点の在り処を、個人個人に設定してあげる、ないしは指摘してあげることこそが最適な「身体の前で打て」のアドバイスのあり方だろう


あなたにとっての最適な打球点はどこだろうか?

過去の3hit関連の指導記事や、平岡シリーズ、ひきつけて簡単に引き合いを飛ばせる位置、なんかがヒントになるだろうか

是非とも主観的打球点、客観的打球点を理解し、自然と打球フォームが完成していくのを体験されたい

他にも打球点の定義はあるのだが…それはフランや私のブログの過去記事を見て頂けるとありがたい