WRMの方で書いたレビューの方の軽い補足を
ゴールデンタンゴ

一言で言えば、高弾道・高攻撃力・高回転量
ドイツラバーがテナジーみたいな高弾道が出るラバーを作ってみたら、微粘着になった、みたいな感じかな。
性能はめちゃくちゃ高い。

それ故に高すぎて使いづらい。

ループと守備的レシーブがとことん難しい、というか使いづらい。
結局練習しなきゃいけない技術は、いいラバーを使っても練習しなきゃいけないんですね、と教えられるラバー。

このラバーを第一選択として使うべき層としては、やはり出るボールばかりの環境下で試合する方々だろう。
高校生で地区大会で勝ちたい、中学生の県大会出るレベルで出るサーブをしっかり打ちたい方。

私が打った感じだと、レベルの高い差し合いでは練習をしなければ使うことは難しい。


だが、その一方でしっかり練習できる環境にいる人であれば、非常に有用なラバーに化けるとも思う。

私はやっぱりアレスの方がボールが低くて、ボールも早くて、癖玉が出ることから好きでしたね。