正直硬過ぎて、飛ばなくて、回転はかかるけど使いづらいと思っていた木星ブルスポ

OB会でゲームを何度かして、このラバーの良さがようやくわかりました。

このラバ-の良さに気付くきっかけをくれたのは中国選手が張本に敗れていく姿。
試合を見ると、中国選手ってフォアを振るとき、全てパワーボールというわけではない。
しっかり浮いたボールに絞ってしっかりぶち抜いていく。
その浮かせる間での過程で中国ラバーの特長である、回転がありそれでいて沈む低いボールを多用している。

プロ同士の試合を見ていると浮き球をぶち抜きにいった際、テンションであればよっぽど球威がなければ一本で抜けないが、中国ラバーを振り回す中国選手は圧倒的フィジカルからテンションばりのスピードに回転量を足したり引いたりして変化を付けて、相手に強打させないような球質を意識して出し、コースのアドでよりボールを強く見せていく。

普通のラバーでは我々一般レベルでは、その起点である低くて切れたボールを出しづらいし、ぶち抜きが必要な場面がそこまで来ない。


となれば、相手が強打しづらいクソみたいなボールを送り続けて、ミドル含みのコース取りで相手に上手く触らせない方が点数がとりやすい。

この考え方を体現したのが、ぐっちぃ卓球。
私はオシャレさのかけらもなく好きではなかったものの、確かに勝てる卓球ではあるが、、、というイメージ。
実際1ゲームだけ手を合わせた際も、受けメインのおっさん卓球。ハマれば勝てるけれど、ごり押しをされたら対応が難しい戦型である。

私がそんな卓球をすることはまずないな。だってぶち抜き得意だもの。

そんなことを思っている時に使った木星ブルスポ。

このラバー全くぶち抜きが上手く入らない。
食い込ませてぶっ叩くというよりかは、キョウヒョウみたいかけて飛ばさなければ使いづらいったらありゃしない。

普段ぶち抜いているような3球目のボールも、どうもうまく当たらずネットに刺さる。。。


そこでためしに打点を落としてぶち抜くときのスイングスピードで薄く擦り、フォア奥を狙ってかけてみる。

するとどうだろう、キョウヒョウとは打って変わって、自然とネットに近い弾道で、バウンド後に沈む。

流石にこれが入れば相手はカウンターが出来ない。
次のボールを広角に打つも良し、ミドルを突くもよし、点数が取りやすい展開が確定で自分に訪れる。


高品質な糞ボールが安定して出るなら、このラバースゴイのでは。

そう思いながら何度もゲーム中、そのループにトライしてみると、予想以上に安定して入った。しっかり擦ればしっかり糞ボールとなったのだ。



学生卓球の中ではぶち抜きが主流で、出来なければごり押しされる局面も多く、アレスが私に合っていた。
もう練習する時間が無くなり、ぶち抜きまでの展開でフィジカルが使えないとなると、なるたけ序盤でトリックを決めて優位にとる戦術をとる必要性が出てくる。

となると、3球目、ないしはレシーブの時点で自分がアドを取れるような技術が無ければならず、バックでチキータでぶち抜きを狙うよりかは、回り込んでレシーブドライブをしたり、深くツッツキをして上から殴られないようにした方が良い。

この考え方、まさにぐっちぃ。





彼の卓球は大人の卓球、言い換えればマスターズの卓球。
お互いに入れ合う中で変化をやり取りする達人達の卓球。
その卓球を専門とし、他のオシャレな技術を切って必要最低限の技術の品質を追い求めるぐっちぃが薦めるラバーとなれば、そのラバーは彼のような卓球がしやすいラバーといっても差支えない。

木星2ブルースポンジは実際に彼のような戦術で使ってみて初めてわかる性能がある。
Xia氏もブログ内で加齢を感じ、卓球を変えていると言っているが、確かに彼らの卓球には寄っているものが感じられる。

加齢で動けない時の卓球、ゴリゴリのぶち抜きが出来なくなった際にする卓球をする際に適切な性能を持ったラバーは、需要があるのに供給が無かった。

なかなかコアなところに踏み込んだ性能を持つ。

この意味で木星2ブルースポンジは相当に優れたラバーと考える。

だが、ぶち抜き卓球をする人には何度も言うがあまり向かない。ぶち抜くならアレス一択、十分に尖ったラバーで言いと考える。


今後しっかりとまとめてWRMのラバーレビューに投稿するつもりだが、現段階でのレビューは以上の通り。

確かに勝てる性能のラバーだ。