「点で見るか、線で見るか」

頻繁に議論されることの多いテーマかと思うが、これに対し明確な答えを提示できる者はどれほどいるだろうか。

ある上級者は点で見ると言い、あるお偉い監督は線で見ると言い、それを聞いた末端の指導者が○○が○で見ると言っていたから正しい!なんてごもっともに語り、その本質が伝わることなしに知ったかで終わることが多いのではないだろうか。

そもそもボールというものそのものは点であるし、ボールを目で追うことはボールの軌道を見ることであり、打球点は打った点であるのだからピンポイントである。
つまりは「点で見ろ」とか「線で見ろ」とかそもそもどこを見ている話なのかで異なるわけで、正解を言うなれば「状況に応じて点・線の視点切り替えが必要である」ということ。


上記のように、見え方として点であるゾーン、線であるゾーンに区分されることを前提とする。

点であるゾーンは、いやゾーンという表現そのものが不適切かもしれないが基本的にはピンポイント。
自分が打ったところが打球点とするならば、ポイントそのものの議論をするにはどうラケットに当たるか、ラケットのどこに当たるかにフォーカスを当てる必要がある。この辺に関しては既に過去の記事で議論が済んでいる。今回、点と表現する際は、自分の打球ポイント、自分が打球したいボールの位置という意味合いとする。

これより線であるゾーンに関して考えていきたい。
線であるゾーンは基本的には相手が打ってから自分が打つまで。
故に自分が打つ点を決めるまで上手くヒットできるかどうかは線であるゾーンの理解に依存する。
台からボールが出るまで待つならば、ボールの軌道を多く見ることができる。しっかり引きつけることができるならばきっちりとヒットすることは可能である。
一方でライジングを狙ったり、頂点を狙ったりとなると軌道を理解する時間が短い。それ故に軌道理解をするというより経験則でこの頂点なら、この辺に落ちるなら、と読みを入れて軌道を予測して打球する。つまりは決まったポイントを狙い撃ちしようとした際、線(=軌道)を見ているように見えて、点を予測する、言い換えれば線のゾーンを短くして点を狙うような考え方になる。故に実際の軌道が上手くハマらない場合は打ちミスする可能性が出てくる。


以上から
・ラケットに当たるまでキッチリボールを見て、待ってヒットする場合は、線のゾーンを長くして点を選ぶことができる
・ラケットに当たるまで見るわけでは無く、自分が打ちたいポイントを狙って軌道読みしてヒットする場合は、線のゾーンを短くして、点を選ばない(=狙った点以外を選ぶことができない
と解釈できる。
要は、点を意識した途端、線の意識とは真逆になるといっていい。

線のゾーンを長くした方がミスしにくいならば、しっかりボールを見た方が良いのではないか

と思われるかもしれないが、打球点が早い方が点数がとりやすい局面が多いわけだし、全てが待って見た方が良いというわけではない。

結局はどちらもメリットデメリットがあり、どちらかに完全に寄せるということがベストというわけではない。




最近指導していて思うのは、点で見ることは皆できるが、線で見ることができない人はかなり多いということ。

待ってしっかり寄せて打つ打法も教えてすぐにできたわけではないし、人によっては全くできないタイプも。
加えてフォアサイドにカーブドライブを打たれた際全く追いつけないタイプが一定数いるかと思うが、それは明らかにボールを1点読みしているからで、ボールを線で見ることができないからだろう。

また引き合いができるのにカーブドライブはさわれないというタイプもいた。
要は引き合いの最中にも打点をピンポイントで捉えていて、体の真正面で体からかなり前で打球する癖がある為に、前陣で頂点を狙ってインパクトするのと同じ感覚で捉えている為だろう。

勿論それでカーブドライブが取れる人もいるだろうが、カーブドライブ全てを体からだいぶ離れた前で取ることができるわけがない。どんなプロでも体の外側まで寄せてインパクトしている場面がある。


同様の考え方で飛びつきで動きすぎてボールを体の内側で捉えてしまうタイプも説明がつく。
打球点の設定が体から離れた前の位置の為、そこで打つ為にはボールを追い越す必要があり、結果的に体の内側でインパクトしてしまう。


以上から「引き合いでどうしてもオーバーミスを連発してしまう」、「飛びつきでどれだけ動いていいか全くわからない」はどちらも構造上同じようなミスであると考える。

どちらもボールを点で捉えることしか出来ず、ボールの軌道上にラケットをおく+体の外側からラケットを持ってくる+正しい肩の使い方を知らない(これに関しては以前の記事を)ことが原因である。


対処法として考えられるのは、引き寄せて線のゾーンを広げてボールを見るスキルを身に付け、コート全域にて安定して入れることができるようになること。加えて、ピンポイントで打つ練習をし、ピンポイントで狙う局面はピンポイントで、ゾーンで寄せて打つ局面はゾーンで狙うような「視点切り替え」の練習をすることが自然だろう。

具体的に言えば前後のフットワーク。
ただ動くことが目的ならば、フットワークなんかせず筋トレをしたほうがよっぽどいい。
フットワークで動かすのは体ではなく、「頭」
点と線の切り替えが意識的にできるならば、ラリー中の思考時間が加速することだろう。

2本1本や、バック対オールなんかも返ってくるボール全てを詳細に理解し、打球点の意識をどこに置くかを常に考える癖もつけていきたい。