フォームとか打点とかやたらめったら考察している私であるが、先日卓球を教えていてとんでもない盲点に出くわした。


症例は中高経験者。
フォームとか打点とか相当に教え込み、多球練習では安定して入るが一球練習となるとミス連発。
初心者かよっていうミスも多発し、基礎打ちのボールの質も全く安定していないことに気が付いた。
コースも球質もばらつけば連打しても、フットワークのブロック側にしても返ってこないし、全く練習にならない。
彼が試合をしたら確実にストレートで勝つような選手と私が練習するよりも明らかにフォアがつづかない。
前陣のドライブ対ドライブも全くといっていい程安定しない。

本人は自覚無しでこれまで過ごしてきたようだが、そもそもなぜここまで思いやりなく卓球できたのか・・・冷静になってみれば、「だからこそ」上手くならなかったのか。

最近の私のトレンドである「MM理論(Minimum is Maximum:最小こそ最大)」に基づき、最小スイングの基礎打ちを指導し、安定して上回転+コースを狙えるように指導した後ドライブへと移行させた。だが未だに安定したコース取りをできているとはいい難く、初心者のようなミスが見える。
長い目で見ていけば必ず良くなる日が来るとは思うが、まだ先の話だろう。。


さて、今回は「安定して同じコースに返せない人」を取り上げた。

指導のアプローチとしては、フォーム、打点を教え込んでも尚安定していないということから、安定したコースに返すために必要なことは、一般的に指導される内容から逸脱しているものであると考える。
いわば精神論とか、意識とかそういう話。

一つ目として考えられるのは、相手への思いやり。
常に思いやりを持って練習をできているならば、安定したコース取りをしようとする配慮をし、勝手にコースを狙う技術が身につく。
対初心者における接待卓球とか、格下と練習する際の格下の幅がどれほどのものかが物を言う。
異質であればどれくらい球筋を安定させれば返ってくるか知らなければ双方の練習にならないし、裏であればどれくらいの高さ、どれくらいのスピードまで対応できるか相手の様子を見てコントロールする必要がある。

二つ目として考えられるのは、マルチタスクの意識。
フォーム、打点、ラケットのどこに当てるかなど同時に意識しなければならない点が、卓球において多い。
それらを同時にこなそうという注意力が常に持っているかどうか、上手くいっているかどうかを振り返ることができる「反省力」の有無は必要不可欠だろう。
ただ、同時に複数のことをこなすのはその人の人間設定に依る部分が多い。
「料理を素早くこなせ」と言われた際に、同時に工程を進めて早くこなすタイプ、一つ一つの工程にかける時間を短くしていくタイプ、またその両方をこなせるタイプが出てくるだろうが、卓球においては中者、後者のタイプの方が上達スピードははやい。
何も卓球を上手くするための頭の使い方は卓球をすることだけではない。日常生活においてもマルチタスクがこなせる人間は、新しいことを覚えるにも効率よくできる。
如何せん卓球初心者であればいきなり言われたこと複数を同時にこなすことは難しいだろうが・・・。


三つ目として考えられるのは、自分の核をどこにするのか。
自分のフォームの美しさのみに焦点を当てていては強くなれるはずなど無い。
だからといって自分のボールの質のみに焦点をあてていても強くなれるはずなど無い。
実際はそれらのバランスが重要なわけで、流動的場面で取捨選択が求められる試合中においてもただ入れるのか、入れるにしても良さげな質を求めていくのか、あるいはぶち抜くのか等フォームと質のバランス感覚の意識があるなしでつなげる力は大きく異なる。
「自分はこれだ」と決めつけてしまっては、その人の卓球の雰囲気に大きく出てしまう。
「低いナックルが来たら必ずループ」という決め打ちよりも、もうちょっと幅を持たせて「ループメイン、もしくはうえっって感じか、なんならチャンスボール送って次狙う」ぐらいの余裕が欲しい。
余裕が無ければ視野もせまくなり、配球なり球筋を安定させるなんて発想に至る機会も減るだろう。
周囲に鋭敏に気をめぐらせ、ボールの質を解釈した後に自分の中で常に選択肢を選べるような「思考系統の余裕」を持ちたい。

そういう意味で自分の核を1つに決め打ちすることは、自らの選択肢、自らの意識を狭めることに繋がる。
できるならば自分の核は3つないしは4つの選択肢としたい。







ところで、安定して同じコースに送ることができる人間はどういった条件を満たしているのだろう。
フォームがきれい?
打点がいつも一緒?
面移動が生じていない?



どれが一番?



いやいや、結局全てをいい塩梅で使いこなせているから安定して返せる。
面移動が起きにくく、別に力を入れなくてもよくて、キレイなフォームで、打点も変わりにくい、これら全てを満たしうるのは、「最小のスイング」であることに疑問を持たれる方はいないだろう。
低くて上回転がかかってて、安定した球筋のボールを球威がなくとも入れ続けることができる。
それはよく感覚と呼ばれるものであり、最小の運動単位でもある、とこれまで散々に述べてきた。

この感覚と呼ばれる最小スイングをベースに、最小単位の運動を残しつつ「面移動を起こすことなく、かつスイングスピードを安定して速くできるように」フォームを構築していく。

それ故にフォームによって打点が決まるというのはあり得ないことなのではないか。
というのも自らの持つ最小の運動単位を実現するための打点を変えないようにしてフォームを形成していくからだ。


トップクラスの指導者であれば打点を決めてからフォームを教えるようにするだろうが、一般レベルであればフォームを教えてから打点をついでに教えてしまう。

加えて言えばトップクラスの指導者においても打点によって最小の運動単位が異なることを議論されることはあまりない?のかは知らないが、結果的に満たすような条件、つまりは「当てる場所」で代用しているように思える。


ただ面移動が起きるフォームを持つ選手がワールドクラスでも多くいるし、それに伴いミスをしてラバーを見る選手も多くいるよう。
そういう選手は練習しまくって覚えた動作だろうし、なんなら天才的だから参考にできない。。
凡人にはわかりません。

一方で、天才・丹羽くんとか藤村友也くんとかのフォームを見ているとテイクバックからインパクトまでの面移動が無く安定していて非常に勉強になる。天才でも超合理的なフォームを持っている選手もいるいい例だろう。




ここまであえて用具に触れずに書いてきたが、安定しない理由は用具にもあるだろう。
私なんかは新しいラバーよりも古びたラバーの方が安定するし、キョウヒョウ3ヶ月落ちなんて飛距離も出せるし非常に使いやすいと思う。
打法を色々試している時なんか引っ掛かりが良すぎるラバーだと扱いづらくて仕方がない。

半年以上使い込んだ死んだテナジーで某全国16に入った選手よりも強くて速いドライブを打ってくる後輩もいるくらいだし。

女子に指導していると明らかに用具が合ってなくてミスをする子もぼちぼちいる。
ラバーが柔らかすぎて、当たり負けしてしまう。とりあえずヴェガヨーロッパを貼らせていたが、思い切って硬い粘着を使わせるとハマってミスが急に減った、なんてことも見られるくらいだし。

「安定させる為に柔らかいラバー」なんてよく言うが、それこそ打法に依る。
なんだか上手くなってくるにつれ安定感が無くなってきたなぁと感じ始めたら、とりあえず硬いラバーを試してみるといいのかもしれない。


といっても硬いラバーに見合う打法を知っている、もしくは教えてくれる人がいないと使いこなせないかもしれないが・・・。