私と同世代の上田仁がやってくれましたね。


吉村と組んだのは初めましてではないだろうか

丹羽と組むとどちらが受け側か役割がよくわからなくなってミスをし始めるとなし崩しになってしまう吉村。

上田と組むと役割はきっちり決まる。
チャンスボールが面白いくらい吉村に。
それもそのはず、上田はしかけが非常にうまい。
相手に打たせないようにしたり、浮いたらすぐに相手の取れないところに早い打点でフォアドライブ。
ストップも低くビタ止まりだし、打てないボールを繋ぐのもかなり上手い。

日本式と言わんがばかりの卓球をする上田。ダブルスプレイヤーとしての素質も極めて高い。



以前ボル対張本の試合動画を考察したが、
参考記事:ボルが見せた張本対策:張本vsボル

まさにボルを彷彿とさせるバランスの取れたプレー。


張本に打たれている場面もあるが、それで抜かれることは少ない。
次に吉村が盛り返せる程度。
質の高い、強いボールが打たれないようなボールを送ったり、すかして意図的に弱く返したり、上田の大人の卓球は見ていて渋い。


丹羽に上田は勝てる、ってむかし全日本予想記事なんかで上げたりしたけれど、私は結構上田ファン。


私情除いても実際勝てる卓球の相性の良さもあったしね


今回のダブルスを見て、上田は張本に勝てる。相性的にいい


半年後、全日本選手権となると張本が大注目されるだろうが、張本の壁として立ちふさがるのは間違いなくこの男、上田仁であろう。


というかいつでもいいからこの強くなった張本対上田戦を見てみたい。


張本くんの強みがどこにいったんだ、、、そう錯覚するかのような試合展開になること間違いなし。