張本vsボル

正直卓球を始めたころから世界のトップに居続けているボルの負けは見たくない、、、そう思いながら恐る恐る動画を見る


試合の序盤は明らかに張本のごり攻め。
プッシュにカウンターにストレート強打
全てが面白いように決まる

ボルの得点源はループでしっかりかけれた時のみ

これはボル終わったな、、、と見ていたが


さすがボル、張本メタをきっちりこなしてくる


張本対策っていえば回転量と台上で勝負するくらいしかないんだろうな、とこれまで書いてきたが今回ボルが見せた対策は至極大人だった。


これまで張本に負けた選手に話を聞いたのだろうか


張本に負ける時、多くの選手は張本のペースに乗ってしまう

速いピッチ、速いボールでのラリーは世界レベルともなれば気持ち良く、戦えているといった印象を受けるだろう


そんな中張本がとんでもないボールで点数を取ってくる

これはなかばしょうがない、といった諦めに近い状態にもなる


つまりは張本ペースの展開に乗って、そのまま押し切られるといった形だ


今回ボルも序盤はそういった張本ペースで試合を進めた

そしてこのままではやられると思ったのかボルは「すかしにくる」プレーを取り入れ始める。

例えるなら第4ゲームのフォア前にきたサーブに対してストレートにフォアフリック

こんなんやられたらラリーで一発プッシュかましてから展開しようとしている、そこが取り柄の張本としてはもう展開が無い。
単純に待ちにないから抜けた一本であるのかもしれないが、このプレーにボルが「乗らない」「乗せられない」の精神を見せている

また大きなラリーになった時安易にボルは強いボールを張本の待つバックに強打しないで、張本の立ち位置を確認し、適度なスピードでフォアストレートを狙ったり、きっちり深く送ったりとコース取りで張本の持ち味を消し、そのまま得点に繋げている


バチバチにラリーしたら最強クラスの張本をいなす形で封殺する。


シュシンは以前試合した際、ツッツキとストップの長短、切れ味で張本に繋ぎを要求させた。

ボルは先に起こした際質が高ければ勝ち、先に起こさせた場合はストレートとクロスの択が来る場面まで粘り、コース取りで択を拾いにいった。

どちらも「強者」というよりも「巧者」というべき戦い方


張本の試合経験の乏しさを上手くついたベテランの卓球である。



このボルの戦い方を日本選手は多く見ているだろう。

今後張本と対戦する選手はループの質を高めたり、台上の催促で崩しにかかったり、フォアストレートを狙ったりするのではないだろうか。

いずれにせよ、流石ボル、我らの憧れのプレイヤーである。


是非ともフルで見てもらいたい。