あくまでこれは私の経験談。
多分前も同じような内容で書いたことがあるが、再び考察しなおすとまた違った見え方が。

昨年シングルスで当たった相手が両面表の変則型。
フォアでちょりちょりかけることができたり、フォアで飛びつきでクロスにぶち抜いたりすることができるが、バックは繋ぎ系。

表ながらフォアとバックで緩急をつけてくるタイプ。


試合前私のイメージとしてはフォアが弱いだろうとたかをくくっていたが、実際フォア飛びつきを催促したら丁度高くボールがいってクロスにパチン。
仕方なしにピッチ打法でバックに処理しようとするとミドルに集まり回り込みのフォアでパチン。

さらにはフォア表ながらハイトスで下回転サーブを出してくる。
しかし、相手は手がプルプル緊張状態で、見てるこっちも大丈夫!?とサーブを出すまでじっと見守ってしまう。
出されたサーブは当たりそこないのミソッカスサーブと、変な台との相乗効果で弾み方が毎回違う謎なナックルサーブ。



こってこてに練習していた私は、久しぶりにみた下手くそなサーブの前にチキータ、ストップができず、ツッツキで繋いでそこから後手後手に。

今思えば出るまで待って両ハンドで攻めてあげればよかったが、、、

ただそれをしようと思えないくらいに台の弾みが不均一で打ちづらさ満点で、結局はラリー勝負にしなければという風に。

そうして挑んだラリー勝負。
コース取りで大きな過ちを私は犯していた。




「一発で打ちぬくなら相手のミドル」


打法研究の真っ最中、フォーム改造もこれでもかとした私は強い一発を打つ時は必ず相手のミドルに狙っていた。

そんな意識が強く、気付いたら繋ぎのボールから何から何までミドルに集まるように。
相手の攻撃が面白く決まり、こっちが一発攻めに転じるとブロックされれば詰みの展開に。


なぜだ、、、


実はミドルは
バック表からすればかなり美味しい。
それもバックミドルが最高に美味しい。


繋ぎのボールがミドルに集まれば適当に当てるだけで変化が生まれてしまうため、触ってちょっとでも低くいけばアドになる。
バック表だったらとっさにミドル方向に横を入れるようにしてスイングするし。

ただ一発が来たらミドルでは上手く返せない。


しかし、相手が繋いでくるとわかった以上、向こうはただ当てるだけで有利になってしまう。
加えて回り込めるタイプなら、相手に繋ぎを強要させた後に、次のボールで回り込むまで。


つまりはバック表のミドルに一発以外のボールを送るだけで、バック表が触ることができれば、上記の有利展開が成立してしまう。

これはなかなか盲点だった。

今年の東医体に出ようか出ないか考えている矢先に、自分の去年の試合動画を見返して気付いてしまった。


相手からチキータもどきみたいのを打たれていたり、バックで強打されているシーンもぼちぼちあったが、それに関してベンチから来る応援は「たまたま、しょうがない」

いや、それではだめなのだ。。


相手のミドルよりのバックにそんなボールを送ったらそれはやりやすい。

バックミドルのボールと綺麗に面があってしまっているのだから。
相手のフォーム、構え方を見れば、明らかにAA面で入りやすい場所にボールを送っている。
バックミドルなんかその最たる例。
相手からの角度をけし、ボールとラケット、正中を全て同一ラインに乗せ、バックフリックも回転がぶつかるように工面しなければならなかった。
より単純にするならば、バックサイド狙いの順横、もしくはフォアサイドからストレートにサーブ。

理想をいえば、フォアミドル~フォアに短い下→相手のサイドよりのバックのパターンか、相手のバックサイドにキレイな下回転サーブを送り、次にバックに来たボールをバックドライブでクロスが正解だった。


さらには、相手が明らかにクロスにしかボールを送れないのだからそれを狙ってカウンターでも。

レシーブだってそう。ツッツキのコースがミドルにいってしまってる。
なるたけ順横を入れるようにツッツキしてサイドを狙いにいくべきだった。



ただそのアドバイスを受けて、当時の私ができるかといったら、多分できない。

もうくったくたで足も動いていないし、詰まんないサーブしか出していないし。
なんならまだ変えまくったフォームに慣れていない。

今なら当時のフォームに馴染んだだけでなく、更にネタも増えているから、体力があるならまだ実現可能な気が。



しかして昔の動画を振り返るのは大事だな、と。


コース取りで相手からされる技術が変わるし、それに対する自分の使える技術も変わる。


しごく当たり前なことだが、試合中にそれに気付けるかどうかは事前の検討をしているかどうかによる。

自分の試合動画を見るということは、復習なんかじゃない。研究に近い。

何でもいいから自分の試合動画がある人は繰り返しみることを推奨する。


突然何か見えてくることがしばしば。