卓球において回外位、回内位の意識をされることは無い為、面を固定しての打法はあまり研究されていない。
しかし、その一方で上級者のドライブはnaturalに面固定を打球の直前直後で行っている傾向がある。
そうしなければ強いボールを安定して出すことは難しい。




上記が私が常々フォアドライブを研究し、練習するにあたって思っていることであるが、基本的にフォアドライブでは面移動は起こすべきではない。
力がダイレクトに伝わらなくなるため、ボールの威力は半減し、スイングに内包されるベクトルとボールの進行方向が不一致となるため安定感も生まれない。


この意味では面の移動が起きることはすなわちボールの飛距離を抑える効果があるといっていい。
シュートドライブにおけるワイパースイングやカーブドライブにおける肘の屈伸を使う人が多いが、これらには回内運動や回外運動を自然と入り、それに伴った面移動がボールの側面に沿う形で起きる為、強い横回転を台内に収まるようにしてかけることができる。


他にも面移動で飛距離を無くす例として、カウンタードライブをする際にボールの上側を取るようにする、当たった後に面を伏せるなんてのもあるが、大方は面移動を起こすことが目的と考えられる。
といってもボールに触った後の、ボールに振れていない時間の運動でボールの軌道が変わったらマジシャンかという話だが、大方当たった後に面を伏せるという行為そのものは、スイング軌道をボールを包むようにする=ボールをなでるような面移動を行っている最中にインパクトするためのものであるだろう。


さて実際にどうやって面移動を用いていくか、という話に関してはこれまで回内運動・回外運動を用いたフォア・バックドライブの考察にてある程度議論してきた。

しかしてそれらを総合しても、「回内運動回外運動の最中のインパクトは面移動を伴うもの」と定義していい。そして、そうした運動の最中は基本的に飛距離はでにくい


その一方で、面移動をしなければボールの勢いは強くなるとも定義される。

これらが意味するのは、「面の移動をすることは勢いがなくなるから悪である。」ことではなく、回内運動と回外運動を使った面の固定はボールの軌道・球質を変化させるうえでは有用であるということ。


これまで打つ直前から面を変えて~なんてしてきた方がいるならば、テイクバックの段階でどういうボールを出すか、どういう面で出すか考え、それを手首とかスイングを変えて~と考えるのではなく、前腕の回内・回外運動を用いて面を作り、あとは同じフォームでインパクトしてみて欲しい。


強いプロほど同じフォームで強いボールを回転を変えて打ち分ける。

これは面の本質を理解してフォームを変えずに打てる方法論を知っているからに他ならない。

その方法論の一つとして「回内回外での面固定」を挙げられる。


ここ三週間くらい卓球できていないから、以前まとめかけたネタをまとめてみた。

回内回外がよくわからない人はぜひとも検索、もしくはPStheoryタグを。