三部 対 酒井

 
関東学生リーグでの試合
三部君のキレイな両ハンドにほれぼれする。やっぱり中陣が強い。
前陣でもアドを取られないように五分五分で得意なテリトリーまで粘るし、粘ったらキレイなフォームで潰しにかかる。

この動画では三部くんのサーブに注目して欲しい。

触るまで何回転かわからないサーブなだけでなく、逆横回転の出し方は一つではなさそう。

町田式デスサーブの原理はふんだんに使われているみたい。

ここまでハイレベルになるとチキータ待ちの一歩が出る為、バック奥にくると若干遅れてしまうようで、それは頑張って打つというのが一般的なよう。
短いサーブの質が良すぎて下手にストップして浮いたら負けの環境ならば、短いサーブを張ってチキータ、長いサーブは頑張って強く打つというスタイルになるのは普通なのかもしれない。

勿論一般レベルではその逆の方がいいだろうし。

それ故に三部くんの逆横系がアップダウンどちらも効いている。

それを知ってか、その前のゲームまでの伏線があるのかもしれないが、マッチポイントを握ってから出した逆横系のちょい切れの長い下回転サーブは取っておいたといわんがばかりの意表の一着。

試合を見ていて思わず「えーっ!?」と声が出てしまった。

そして両コース狙えるチャンスボールが来たにも関わらず、敢えて相手のいる方のサイドを狙ってシュートドライブ。

確かに酒井くんは三部くんの体に正中を向けて後退しているし、となればリーチの明らか外のバックサイドは届きづらい。
この状況であれば狙うのは当然なのかもしれないが、この三球目一つにしても完成されたものを感じる。


でも何がいいって三部くんはイケメンだね。ガッツポーズもいい。


山形の星、これからも応援していきたい。