よく体をしっかり入れて打つなんて表現があるが、これの意味合いを考察する



というより、考察するまでもないのだが、体を落とすことの理由として挙げられるのは、ラケットをボールの下に入れることである。

当たり前の話だがラケットの位置がボールの常に上である状態ではよっぽど相手のボールが高くない限りは入るわけがない。

体をしっかり入れてドライブなりスマッシュをするためにはラケット位置は必ずボールの下になければならない。

それに加えて、ラケット位置が低くなるならば、肩、肘の位置もしっかりと落とす必要も出てくる。

どこを先として考えるかというのもなかなかまちまちであるが、ラケット位置を下げる事が体を入れる絶対的な理由と考えれば様々な動作の理由を付けることが簡単になるはず。


となれば、ボールが来たから何でも間でも体を落とせばいいというものでもない


体を均一に落としたからといって、毎回ラケット位置がボールの下にあるとは限らない

ボールに合わせてラケットを適宜ボールの下に潜り込ませるように動かさなければならない。


よく、上手い人はボールが来るのに合わせてテイクバックを引く

この本質としては、どんなボールが来てもラケットとボールの距離感を常に合わせる為に、ボールに合わせて引いていて毎度のことボールの下からラケットが出れると表現した方がしっくりくるか



まとめ

体を落としてうつことは、基本的に流動的であるべき。

ボールに合わせて体を落とし始めるし、ボールの質に合わせて落とす幅も決める。

6年経験者の後輩がこれでしっくりきたのを思い出した為、ネタとした。

以上。