卓球やスポーツ全般において様々な指導動画、戦術指南書みたいなものは存在するがどうやって活用すべきだろうか
まずは興味を持つことが第一条件
読んで理解して実践することが次なる条件
だが多くはこのレベルで止まっていては試合では使えないし、理解しているとは言えない
本当に理解していると言えるレベルに達するには、それらの知識を自分で昇華させる
自分の言葉で必要な要素を漏れなく表現し、言葉足らずな部分を見つけることが重要である

学問的な事柄ではなく、スポーツなんて実に検証しやすい事象を論理的に説明しているのになかなか覚えてもらえるのは結果の部分だけ。それでは強くなれないし、教える事なんてできやしない

そう常々思うところではあるが、少なからなず解釈の仕方が無限大にあると言えるのが、コース取り、なかでもミドル攻めである。 

ミドル攻めと言われて卓球台の真ん中を狙う頭の弱い人は間違いなく試合に勝てない
ミドルの場所は常に変化しうるし、フォアミドル、バックミドルで相手にとられる印象が変わる。

今回取り上げるのはあくまで一例である
例えばフォアフォアの展開になり、引き合いの展開となった
相手はカーブドライブが非常にうまく、高いボールを送れば最後ストレートのシュート系のぶち抜きを持っている
立ち位置としては中陣フォア寄りで、体の向きは自分を向いている
相手の引き合いはちょうど自分の目の前にきて、コースは狙い放題 

このシチュエーションで狙うべきものは何か
勿論、打ちやすいボールが来ているからストレートブチ抜きを狙ってもいい
だが、相手の体勢からして取られる可能性が高い
リスク少なく、さらに優位を保つようなボールは何か
私の感覚としては、低めのドライブをフォアミドルである

このフォアミドルの意味としては相手にフォアで取ることを強制させる
・ボールが低い為相手としては更に打点を落とすよう腰を落とす必要があり、体勢を落としかつ、バック寄りにフットワークが必要となる
・相手のケアすべきボールとしてはフォアクロスでサイドを狙われるボールであるため、おおよそ荷重している方向としてはフォア寄りで、バックに細かく動こうにも遅れる可能性の方が高いであろう
そうして遅れて打球した場合、多少苦労はしたがボールの質としては平凡であった、だが五分以上の展開と相手としては思うかもしれない

ただ、打球後の位置は台の中心付近、体勢はフォア・バックに流れている
次の平凡なボールは 両サイドをぶち抜くチャンス


私なんかはフォアフォアになったら、一度フォアミドルを挟んで緩いボールを催促し、相手の足を止まったのを確認してから、相手の腰が向いていない方向に強打する。 

単に動かす為の配球でなく、相手の動きを封じる配球。

そのためのミドルの意味合いは語られることは少ないが、大いにあると考える。
選択の機会を一手遅らせる、五分五分の展開をもう一度五分五分の展開のままにするが、自分としてはその五分五分の展開になることを読んでいるため次の手を決めやすくなる、と表現すれば綺麗か。

一応同様の考え方にバックミドルの有用性もある。

バックミドルを狙う、もしくはフォアストレートを狙う機会としては相手の体の向きに依存する

相手の腰の向きがフォアを向いていた、ラケットが正中上に無い場合は積極的に逆を狙うべき
体をボールに合わせる動作+面を合わせる動作と所作が複雑となり、強いボールを打てば抜けるケースの方が多いだろう

しかし、相手が万全に待ててる状態でのバックミドルというのは相手の体勢を崩すまでに至らない
バックが上手な選手であれば何事もなかったかのようにカウンターが選択肢に入ってくるだろう



非常に感覚的な話であるが、フォアミドルは奥が深い
プロの試合でもフォアミドルを狙うシチュエーション、サイドを狙うシチュエーションを注意深く見ていると学べる事柄も多いはず 
特徴的なコース取りを繰り返す水谷



(仮説)
ボールの軌道上にいた場合フォアにしろバックにしろ取りやすさがある。
フォアであれば軌道上になくてもボールのうちから入り、ボールの外を捉えられれば同様に取りやすい。
しかしバックの場合、軌道の先からラケットを動かせないとミートしづらく、取り辛さがある。
そうした意味合いでスタンスは重要と記事を上げた。
これらを逆手にとって最強のサーブがあるのではないか。
フォアサーブの位置から相手の正面に向かうようなサーブではなく、同じ位置から打球する場所を変えて同じ種類のサーブでも軌道を変える。
多くは出す場所を変えて行うが、相手にばれて立ち位置を変えられる。
それが相手に察知されないように、同じ立ち位置から打球する場所をこまめに変えて、相手に軌道上に入られないようにする。
そうすれば安定したレシーブをできなくさせられるのではないか。 
サーブ
黒点を打球点とすると多少変えるだけで角度、軌道が大きく変わる。
無論相手の腰の向きを見ながらになる。
仮説としたいのは、
「取り辛さを感じる条件はボールの軌道上に自分の正中が入っていない時である」

今後検証をしていきたい。