打点はどこにあるか

この問いに対し、自分の打ちやすいところにあるとか、体の前にあるとか、はたまた横にあるとか

色々な説がある

最近動画考察をしていて思うのは、基本的に打点は一つしかないということである

その打点とは多くはきき足のつま先付近、フリーハンドをフォア側に伸ばした際のフリーハンドの場所あたりが多い。

勿論技術によってはこれに当てはまらないことも多いが、それはそれ。

基本技術の多くは先述の打点に基づく

プロの動画をよくよくみていくと全身運動でフォアもバックも打つ為、フリーハンドを使用する場合が多い
選手によってはとらない場合も多いが、ミスの少ない選手の多くはフリーハンドを上手く使っている

フリーハンドの使い方としてよくいわれるのが体を回すため、とか打点を見定めるためであるが、あえてそれらを踏まえた上で私は体を閉じるためにフリーハンドを使うことを提案したい

閉じれば開きやすいものだし、論旨は変わらないのだが、如何せん打ちミスをしている場合体の真横で打たない人の多くは、つんのめってミスる 傾向がある

プロであっても我々市民レベルであってもだ

振り遅れてミスをするのは足を使えなくてボールが見えなかったくらい

変化に対応できず前に振ってミスをした場合はよっぽどセンスのある選手でないとどうやら上手く返せないらしい

カウンターなんかが典型で前に振るようによく言われるが実際打球後に前に振る選手の方が少数派である

大概は打球前後でラケット位置は上下方向に運動している為面の運動がおきており、前に単純に押すような運動は入れていない

逆におすような運動を入れている場合の多くはオーバーミスをしている

簡単な言葉で表すならば、かける動作をいれている

このかける動作も同じ動作をしているのに当てる場所を変えるだけで飛んだりとばなかったりしている

吉村真晴選手の回り込みクロスやカウンターはほぼ同じような振りなのに相手のボールの球質問わず安定して入る

何故かと考察していくとボールを自分の打点まで合わせるのが非常に上手い

待って合わせたり、自分からつっこんで合わせたり

逆に入らない場合は前につっこんだりして詰まってミスをする、もしくは前すぎるから前に振ってミスをする

至極当たり前のようなことだが、よくよく見ていくと自分の本当の打点を理解して体を閉じたところからスタートすれば打点を合わせるのはたやすくなる

合わせるためのフットワーク、正中、つま先の向きをそれに伴って覚える必要がある

打点の一例を先に述べたが、正直人それぞれでも別にいい

ただ、その打点に合わせる事ができるスキルをきっちり場合分けして持っているだろうか

指導者自身の感覚でのそうした合わせるスキルを学んでも、実際の自分の打点が指導者の打点と乖離していた場合、その多くは意味をなさない

その人の打点を身に付け、その人が合わせやすいスキルを学ぶ、もしくは理想とする選手の打点を身に付けそれに伴った技術を学んでいく

どちらかを徹底していけばミスが減ることは間違いないだろう


最後に踏み込みで右足、左足で踏み込むとあるがこの意味をどう理解するか

色々定石があるが、これこそその人の打点によってどっちでどう踏み込むか変わってしまう

利き足の踏み込みは足→腰、逆足の踏み込みは足腰同時

ではないかと理解している

これこそ人それぞれではあるのだが

しかし、プロの打点は体からどれくらいの距離でどの場所にあるのか考察すると実に面白い

指導にも役に立つ重要な命題と思うこのごろ