全日本レベルの選手でもよくやるミスとしてネットミスがある


といってもそれはそうだろう、卓球のミスはネットミスかオーバーミスしかないし、と思われるだろう


今回私がフォーカスを当てたいのはどんな回転であってもよくしがちなフォアドライブでのネットミスだ


そもそもフォアドライブでネットミスをしそうな局面とはどういうものがあげられるか


簡単に想像できるのは対下回転に対していつも通りの感覚でスイングし、回転量に負けてネットミスかと思う


まず、この下回転でのミスを定義したい


打球時にボールが下に行く状況であったためのミス


これをまず、下回転的ミスとする


横回転は純粋なものであればナックルとして見れるので対下同様のものと捉えて割愛する


今回は上回転に対してに絞って考察する


上回転系に対しフォアドライブしてのネットミスに縛って考えれば


全て総括してて、面が伏せられていたため打球時下方向にいった
 

これが全てに当てはまるといっていいと思う


更に詳細にみて、回転、ボールの位置を加味して面が伏せられた状況に関してありうる状況を上げる 


・放物線の頂点後をいつも通りスイング

これはベクトル的に上向きのベクトルが無いため通常のボールに対する打ち方の場合上に飛ばす、下に行く。
ある程度上に飛ぶような要素、つまりは上方向のベクトルを人為的に入れる必要がある。
よくドライブがかかりすぎてブロックがスリップするなんていうがこれは回転による着台後の放物線が小さくなり頂点後の垂直下向きのベクトルが強すぎるため、ラケットに当たる時には自由落下+そのベクトルで増されたスピードでフラット面~下向き面では持ち上げられることができないために生じるものと考えられる。
基本的に頂点後は下からスイングする必要がある。

・ボールを平行スイングでインパクト

平行スイングの場合、ボールに対して上向きのベクトルを作れないためそもそもボールの持つ垂直方向の要素に依存する。たとえばボールの回転量であったり、そもそものボールの放物線の位置、また、ボールの持つ運動エネルギーに上向きの要素があるかどうか等だ。
見ているとこのミスをする選手が非常に多く、その際に首をかしげてラケットを見る。

そもそも平行スイングはネットより低いボールに対しては使えない。

詰まった時や、とっさな場面でラケット位置が高く構えられていた場合、ボールに対して下からインパクトして上の要素を出せずネットミスもしやすいのではないか。

スピードドライブに対しても同様で強いから当たれば飛ぶ、上に振ったらネットミスする

なんて一般では思われがちだが、実際のカウンターを見ると下から上にスイングしてこするというより斜め後ろを弾いている

意外とこれに気付けずカウンターは難しいと思っている人が多いが、そもそも強いボールなら尚更小さく上に弾くだけでカウンターはしやすい。


細かい物理的な話は大学物理を学んでいないし、回転の物理学も語れるわけもなくわからないが、何をどう考慮しても卓球においては下から上の動作が必要不可欠となる

多分いらないのはカットくらいではなかろうか

上から上から

と謎の卓球用語が聞こえる大会会場にて、それでミスった選手にどんまいと声をかける監督を見かける度に

残念だなぁ、、、、と思ってしまう

もうちょっと頭つかってやろうよ、と思う次第である