スポンサードリンク
バルサミコ酢の美味しさを語る

バルサミコ酢の美味しさを語る

卓球歴15年の公務員。 基本的に読ませる為の努力をしない、推敲はしないがモットーの垂れ流しブログです。より卓球が面白くなるように、より卓球が上手くなるように具体的にどうすればいいか考察していきます。 にわかながら医学書を引っ張ってきて関節運動を考えながら、高校物理レベルの知識を用いて考察していきます。 解剖学的に正しい論理を構築し、真理追求を目指します。

バルサミコ酢の美味しさを語る イメージ画像

更新情報

「点で見るか、線で見るか」頻繁に議論されることの多いテーマかと思うが、これに対し明確な答えを提示できる者はどれほどいるだろうか。ある上級者は点で見ると言い、あるお偉い監督は線で見ると言い、それを聞いた末端の指導者が○○が○で見ると言っていたから正しい!な

県内一の進学校、県内トップクラスに元気に卓球する山東にお邪魔させていただきました。遊びにというよりも最近見つけた指導法、卓球の理論を実際に試す被験者になってもらおうという趣旨のもとひたすら同じことを一人一人に教え続けた。メインはフォアバックの基礎打ちを最

あくまで仮説、これから検証していく事柄。提言;「打つ直前にテイクバックする」は「テイクバックしているように見えるのは関節の使い方が実は同時じゃなかった」ことの見間違えで、「股関節を使ってから肩を使うから脇が開いて見え、それが意図的にテイクバックしているよ
『真夜中に気付く強打の魔法;肩と股関節はズラして使う。』の画像

アジアカップのファンツェンドン戦見てても思ったけれど、以前と比べて顕著にコンパクトスイングになった。台上ドライブに関しては最たる例で、森薗くん、張本くん、ファンツェンドン、日本女子選手全般のフォームに類似している。肘を突きだして空間を作り、そこに呼び込む
『水谷のバックのフォームが変化した』の画像

粒高ユーザーが感じる自分の特徴的なミス、そして粒高を相手に試合をしていてよくさせるミスは何だろうか。ネットミス?オーバーミス?ズバリ言うなれば粒高を使っていて一番多いミスはオーバーミスである。全然弾まないラバーのはずなのに初めて使ってみて飛びすぎて使いこ
『オーバーミスの原理原則の考察;粒高を安定させる為に必要な知識』の画像

これまで見たことが無いタイプ。攻めありきの伸ばし伸ばしをベースとして長短変化からチャンスボールを狙うタイプ。強い人に勝ってるし、勿論強いんだろうけれど、多分誰がやってもやりやすいんじゃないだろうか。点数が取れるという意味ではなく、雑な質でも勝負できるとい
『止めないタイプのペン粒動画』の画像

  このバック表の動画とてつもなく素晴らしい。最近私が研究し、推していきたいと考えている現代的な裏ソフトの打法のエッセンスを十分に詰め込んでいるし、上腕を使っているのがよくわかる。動画から感動したシーンを抜粋言わずもがな上級者はボールを引きつけるのが上手い
『WRM卓球知恵袋で神動画発見』の画像

最近後輩に一斉指導して重点的にやらせてる練習。ちょうどよく上手い人の動画が出てた。監督さんの説明を聞いてみなさんは理解できるのだろうけれど、私は何いってるのか全く理解できないので選手の動きだけ参考にされたい。(前腕だけでピッチが遅くなる理由とか、前腕使え
『前中陣でのフォア対フォア』の画像

最近勉強が忙しくて考察をしてちょっとまとめて下書き保存を繰り返すようになり、5分くらいタイプして終わっているまとまりのない記事が気付いたら10こくらい溜まってしまっています。。卓球だけはとりあえずしてリフレッシュしようとしてはいますが、ブロガーとしてどうなの
『感覚と感触』の画像

※あくまで自分のラケットで打ちこんでいたわけではありませんので悪しからず。リベルタシナジーに貼ってある状態で数球試打。動画内でもアポロ5の良さが全く伝わらなく、弾道見ても実用的じゃない気がしていましたが、そんな予感も的中、打ってみて正直嫌いでした。なんてい

フォアもバックも前腕を使って~とよく言われるが、これは多くの場合嘘を言っているというように最近思えてきている。あくまで「多くの場合」と枕詞を付けるのだが、その多くの場合とは「安定してミスなく打つことができない場合」である。フォアとバックを教わる際、前腕を
『前腕信仰の罠』の画像

9/8 改正   黄色のユニフォームの子のバックドライブのフォームがファンツェンドン系。テイクバックを前腕で取るのではなく、肩肘を出して取る為に、前腕の後ろから前の運動制限をかけることができる。それにより過度な前方向のスイングをすることなく、理想のインパクト

初めて負けた・・・。なんというか延々と繋がれ始めると、シェークだったらぶち抜けるボールがこれだけ来ているのに何で強く打てないんだろうともどかしさを感じ、連打するにも二回しかできないし。もう粒高本職にしようとするのやめる!!!!!!ええ、三日坊主ですわ。自

ふと勉強しながら玉突きをして思った。玉突きのやり方ってどうするんだろう、と。ただ玉突きするのと、玉突きせずに玉突きするのとか色々あるなぁと。普段意識していることをそのまま玉突きに生かしてみようとしたらどうなるんだ、と。色々やってみて気付く、色々な感覚覚え

今日もせっせとペン粒しました。自分の練習内容と、そこから感じたことを垂れ流しでまとめます。※論者っぽいことは後日まとめて。。。。基礎打ちをテキトーにしてよくあるパターンのオール練習で必要技術の絞り込みと、難所をあら捜し。ある程度やっていいこととダメなこと

三週間ぶりに卓球をしてきた!買ってからずっと放置していた念願のペン粒の試打~ガチ練までを四時間ほど。新たな発見の連続で楽しくて楽しくて。後日詳細な考察記事を上げようと思うが概略だけ。使用用具は金星14中ペン、テナジー05トクアツ、フリクションスペシャル2・ペン
『久しぶりの卓球!!』の画像

ついに張本君がツアー初優勝!まさかあのティモボルに勝つとは・・・ティモボル戦はティモボルのバックから触れない程早いぶち抜きが無いことを焦点とした試合内容。両ハンド待ちしているティモボルに早いピッチでバックで振っていくことで徐々に下げていき、バックに低く緩
『張本君の進化が止まらない。』の画像

前回記事:非常に浅いYG考察 今回はもっとあっさり。 卓球はしばらくしてませんが、気晴らしにジョギングしながら素振りしていて気付いたこと。YGで肘出す理由は「バックスイングをするスペースを作る為」わざわざ肘を出すという大きな運動が入っているわけだから、肘を出
『非常に浅いYG考察②』の画像

大分時間が経ったが、ある程度継続使用してわかったことがあるので、今さらながら外れロットのレビューをしてみたいと思う。端的に言えば、外れロットはそんなに使い悪くは無かった。普段キョウヒョう3-50を使用していたこともあってか打球感はそこまで遠く離れていないし粘

誰でも知っているような常識を、あなたは本当に理解しているだろうか。「1+1は2である」「砂糖は甘い」「下回転サーブは下回転がかかっている」これらは誰もが知っている、常識的過ぎて当たり前なこと。これらのことを「知っている」で普通は済ますが、さてこれらのことを「

どんなに簡単な試験でも気を抜けない卒業試験シーズン後半が再び始まりました。「まあ余裕でしょ。みんなそんなに勉強してないって」と手を抜き、追試になるのは楽観主義者。私も後半からは人並にやろうと決心したところです。それ故に試験終わりにはどっと疲れ、何もしたく
『全国公の面白い試合』の画像

張本くんの御両親のインタビュー記事 最近ヤフーニュースを眺めていると金貰って文章書いているにも関わらず誤字脱字が多い記事や、明らかに本業じゃないような人が書いた下手くそな記事が多くみられる中、個人的にヒットしたのが上の記事。なんともまあキレイにまとまって

今回は粒高ユーザー必見の動画。  以前見ていたオランダの日本人の粒高選手の動画。知人のプロ選手曰く、彼はオランダ生まれオランダ育ちで日本語は上手く使えずとのこと。久しぶりに彼の動画を見ていたら見つけてしまったのがこのとんでも動画。後加工か!?と思うも本人

まずはいくつか参考動画  上は松平お兄ちゃんが使ってるサーブ 田添君のサーブ 三部君のサーブ 三部くんとオフチャロフちょっと古い動画もあるが、全てに共通するのはみんな順横系のサーブの中でも「球足が速い」サーブを使っている。最近の選手に限って言えば、馬龍な
『最近の日本選手で流行ってる?順横系サーブ』の画像

皆さんは卓球を始めた時、どんなラケットを握っていただろうか。私は、最初握ったのは日本式の貼りあがりラケットだった。小学生の時体育館二階のギャラリーに卓球台があり、そこで私は初めてラケットを握った。安くさいコルクが妙に手にフィットしてショートが入ると気持ち
『一番美しいスタイルは』の画像

この前の大会でなんというか燃え尽きてしまった感がありありの私、バルサミコです。読者層の幅が広がったことがわかりましたので、今後のブログの方針を軽くかいておきます。この前の大会で「回内回外 卓球」で私のブログに辿りついてしまった某県のお強い選手に声をかけて

今大会試合には出ず、監督ポジをメインにベンチにおよそ30~40試合は入っただろうか。少なからずみるべきポイントがあまりに多すぎて、楽しくて楽しくて仕方がなかった。あまりベンチに入ったことが無く、アドバイスの仕方がわからない人向けに、私なりに今大会に向けて準備

前回記事に引き続き東医体卓球考察。以下長すぎる前置き。如何せん医学部卓球所属の方も多く見てくれてるということで、今大会一番力を入れた医学部女子卓球のメタとその全貌をここで紹介したいと思う。医学部系の大会にいかないし、今大会を荒らしに荒らせたからネタバレし

私は医学生ということで、先日まで長野で卓球の東医体に出場してきた。医学生しか出れない大会で将来のお医者さんたちが、日頃のうっぷんを晴らす為に日夜取り組んできた練習の成果を、同じくらいのレベルの中で競う、一年で一番大きな大会。全日本選手、インハイ選手、全日

バックを05に変えて直面した問題はラバー性能のあまりの高さから吹っ飛ばすようなミスの多発、飛びすぎて扱いづらい・・・・等と言った一般的なものではなかった。「すぐにはがれる」ツッツキなりストップなりでラケットが台に引っかかったら最後べろべろ剥がれてくる。これ

↑このページのトップヘ