スポンサードリンク
バルサミコ酢の美味しさを語る

バルサミコ酢の美味しさを語る

卓球歴15年の公務員。 基本的に読ませる為の努力をしない、推敲はしないがモットーの垂れ流しブログです。より卓球が面白くなるように、より卓球が上手くなるように具体的にどうすればいいか考察していきます。 にわかながら医学書を引っ張ってきて関節運動を考えながら、高校物理レベルの知識を用いて考察していきます。 解剖学的に正しい論理を構築し、真理追求を目指します。

バルサミコ酢の美味しさを語る イメージ画像

更新情報

後輩全員に同じことを教えながらも、数人になるたけ時間を割いて経過を見ていたところ驚くべき変化がみられるようになった。それはタッチのバラエティーが増えたということ。これまで「厚く」とか「薄く」といっても本人の感覚として厚く薄くをしているつもりが、実際は対し

5時間くらいしか打ちこめていないのであっさりレビュー。和の極み煉、ニッタクJトップで使用。フォアで使った感じは、慣れれば普通に飛ばせるが最初はびっくりするくらいに弾まない。だが、弾まないもののスマッシュはとんでもなくしやすく普通にスピード出るし、パチパチ系

前記事:「一歩先を考える②;ツッツキを逆張りして正当化する」微細なタッチを学ぶためには、そもそも絶対に飛ばない条件を知らねばならない。 ツッツキを飛ばさない方法は上下方向、前後左右のベクトルの衝突を避けることだが、流れの中で相手に打たれないようにボールコ

 数年前にこれを見つけて以来、(投稿者は違うが)よくこの動画を見てループドライブ研究をするのだけれど、最近の打法研究に基づいてみるとなかなか違った形で見える。コースが分かり辛いとかそんな平凡なことを言ってるのではなく、ボールの球質を変える為の打法指導の
『劉国梁のループドライブ指導』の画像

短いツッツキを送ってからの展開を研究していて思うのだが、自分が打てるボールが来た時、やれることとして技術の種類の何があるかの幅があることよりも、明確に違う球質のボールをいくつ出せるか、もしくは相手が知らず知らずミスをするような球質差が出せるか否かの方が重
『分岐がある戦術が淡白に見られる場合』の画像

「少し動くとなぜか思った通りのボールが出せない 」こんな悩みを抱えたことはだれしにもあると思う。後輩に教えていて、打法を教え、さあ実際に三球目をしてみようとなると、どうも安定して入らない。いつも指摘するポイントとしては以下の三点・自分の打球点よりもラケット

前記事:一歩先を考える①;打たれないツッツキを考えよう絶対に強打されないボールとはなんだろう。答えは至ってシンプル、物理的に強打しようにもネットを越えづらい性質の下系のボール。ここで上系のボールを引き合いに出さなかったのは、打たれ辛いボールはよっぽどの条

 ワンハオの卓球しているのを久しぶりに見て面白かったので紹介。2:40~あたりからのワンハオの巻き込みサーブに注目。(下手したらカメラの角度の原因でバーティカル系サーブが巻き込みに見えているだけかもしれないが、、、)巻き込みのフォームにしか見えないのに、出て
『巻き込みなのに順横?』の画像

5話にして丹羽くんキャラの子が出てきましたが、その丹羽くんキャラの子が言いました。「バックスピンキャッチャー。ヨーロッパの選手がやってたボール遊びだね」ということで、参考動画。 ヨーロッパの選手とはポルトガルのフレイタス選手でしたね。このバックスピンキャ
『フルドライブ5話;バックスピンキャッチャー』の画像

これまで抽象的な指導法を全て医学的・物理的に考察して一般化してきたが、必要な要素を抽出・一般化した後に、更に抽象的にすることの重要性に気付き始めた。今回より連載式で。内容を分割して投稿します。打たれないツッツキの考察から始め、あえて俗なイメージの「感覚」

 全学の後輩が出ていたのでこれはブログで取り上げなければいけない。。。話すと目を細めてニコニコしている戸澤くん、大活躍ですね!彼とは2回位打ったことがあって、会えばフランクに話すけれどここ最近は会える場に顔を出していなからどうなってるか知らなかったけど、
『戸澤くん可愛い』の画像

3話~4話ではエリアカっぽいところ所属の同世代選手との初対戦から、主人公・玉城の卓球の特長と、これから戦う相手を見せるまで。以前予想した通りテナジーイベントが早々に起き、さらにはラケットもティモボルALCとまさにティモボルモデルの用具を手にした主人公玉城。そし

 晩御飯食べながら見ていて感動したので、要点を簡略にまとめる。よくフォアサービスではフェイントの為に肘をインパクト後に上げろ、と言うが、この櫻井さんのサーブは肘を上げながらインパクトしている。これにより、ボールとラケットを寄せる効果が生まれ、前方向への
『短くて切れた下回転の動画』の画像

以前某ブログの記事にコメントした際、そのブログの読者さんからコメント内容に噛みつかれたことが有り、なんだかなーと思ったことがある。内容としては肘の屈伸を利用するか否かで、私は明らかに曲がっているように見え、なんなら曲げなきゃできない運動をしているわけだか

 最近よく見る東大数学科の方の動画。受験数学の問題の裏に潜む証明の罠なんかを丁寧に解説してくれていて、ほぼほぼ数学を忘れていても面白く見れるのでオススメ。本動画では、頭いい方なら当たり前だなあと思われる内容かもしれないけれど、言われなければ気付けないこ
『卓球には関係ないけど思考訓練として』の画像

最近哲学っぽいことばっかり考えてて、卓球ネタに触れられずすみません。今回のも同様ですが、人間的に成長し、卓球を上達する上で必要なことかと思います。某ブログでも似たネタを取り扱っておりコメントしようとも思いましたが、キッズに「売名だ」なんて思われるのも嫌で

「あなたは自分の何パーセントを友達に知ってもらいたいですか」小学生6年生の時、担任の先生に道徳の授業中に唐突に振られた質問である。無い頭を振り絞りながら、キッズたちは皆考えるわけだが、90%、80%とか多くを知っている人が友達と答える中で先生は「それは怖いだろ」

今週号のジャンプより始まった新連載卓球漫画「フルドライブ」ジャンプを中学生より毎週買っている私としては、非常に期待している。 何が良いって、主人公のフォームが完全にティモボル。ヒロインのフォームはみうちゃんを意識している。これまでもそういうトレスをした作
『フルドライブ(卓球漫画)』の画像

スピンで押すのが代名詞のボル。高速卓球にマッチしてきた。コース自在のショートスイングのカウンター。ミドルとサイドの択が馬龍を狂わせた。バックへのツッツキに対する対処もループだったが、これは以前から狙われているとブログで書いていたし、張本にも狙われたが、ま
『ボルが回転を捨てた日』の画像

最近、どれだけ頑張って教えてもうまくならなかった後輩が、唐突に上達し始めた。入学した当初全くのセンスの無さにもう諦めかけたが、これでもかと強い言葉を浴びせ、WRM関連の動画から、AA理論、BB理論、CC理論など平岡理論、ありとあらゆる動画で見た指導方法に加えて、私

最近シェークハンズのサンプル動画で打球する瞬間を見せなくなった為、要点がわかりづらくなってしまい寂しいところです。。しかして、 サンプル動画を見てもわからない層がメインターゲットでしょうし、もうちょっと見せてくれてもいいと思いますが、、、来年以降登録しまし
『前記事の補足動画』の画像

お蔭様で当ブログも合計アクセス数70000超、ブログ開始時はアマゾンアソシエイトに弾かれたものですが、久しぶりに登録してみれば審査に通りました。アフィブロガーとして頑張っていきたいところですが、そんなに商品を紹介するつもりもありません。今後も妄想垂れ流しの記事
『仮説;膝使えは間違い説。股関節の使い方を上肢を交えて考察。』の画像

後輩にメタられて負けて一か月くらいでしょうか、もう萎えてペン粒を使わなくなりましたが、先日久しぶりにペン粒で卓球を。先月はバリバリのモチベーションがあり、記事をいっぱい書くつもりで下書き記事をおよそ10くらい。そこからネタを絞って3つくらいの記事を同時進行で

「どう教わったの?」と聞くと、出るわ出るわ謎理論、謎指導法、謎練習。変な癖がついてしまっている経験者や、動きに独特の癖を元から持っている初心者に教える際、私はどうしようもなく苦労するのだが、あまり動きに癖は無いものの謎に包まれたことを反復練習しある程度基

※あまり考察が進んでいないためあくまで仮説。医学生とか解剖学を触っている人向け。なんか間違っているかも、と思われた際は仮説なので大目に見て下さい。間違いなく、勉強不足記事です。初めにまとめ・上腕前面の筋肉と後面の筋肉は逆の働きをする。・スイングで効かせる

フォームとか打点とかやたらめったら考察している私であるが、先日卓球を教えていてとんでもない盲点に出くわした。症例は中高経験者。フォームとか打点とか相当に教え込み、多球練習では安定して入るが一球練習となるとミス連発。初心者かよっていうミスも多発し、基礎打ち

「初期アレスブルースポンジは最高のラバー」何度も私がこのブログで書いているが、次のロットはかなりの不良品。WRM社の対応として代替品が先日送られてきた。ぱっと見でシート側に反っていて、はずれロットとは真逆。もうこの時点で当たりロットだな、と確信した。実際に封

「なぜ同じ医学生で、解剖学知識を私より知っている後輩に解剖学的に教えて見につかないのだろう」なかなか教えていて話が噛みあわないことが多く、それにより技術考察が進んだりしてきたわけだが、今さらながらこの根本的な疑問に答えが見つかってきた。今回は指導者がいい

「点で見るか、線で見るか」頻繁に議論されることの多いテーマかと思うが、これに対し明確な答えを提示できる者はどれほどいるだろうか。ある上級者は点で見ると言い、あるお偉い監督は線で見ると言い、それを聞いた末端の指導者が○○が○で見ると言っていたから正しい!な

県内一の進学校、県内トップクラスに元気に卓球する山東にお邪魔させていただきました。遊びにというよりも最近見つけた指導法、卓球の理論を実際に試す被験者になってもらおうという趣旨のもとひたすら同じことを一人一人に教え続けた。メインはフォアバックの基礎打ちを最

↑このページのトップヘ