スポンサードリンク
バルサミコ酢の美味しさを語る

バルサミコ酢の美味しさを語る

卓球歴15年の公務員。 基本的に読ませる為の努力をしない、推敲はしないがモットーの垂れ流しブログです。より卓球が面白くなるように、より卓球が上手くなるように具体的にどうすればいいか考察していきます。 にわかながら医学書を引っ張ってきて関節運動を考えながら、高校物理レベルの知識を用いて考察していきます。 解剖学的に正しい論理を構築し、真理追求を目指します。

バルサミコ酢の美味しさを語る イメージ画像

更新情報

予定ではもう3日位旅行に行っているはずが、静岡で悲惨な程に体を痛めつけギブアップ。もう山形に帰ってきてしまいました。。愛知を出た時はまだ卓球の筋肉痛位で、「4日目に新横浜か熱海辺りで一泊して、東京目指し、ぎっくり首で苦しんでいる高校の同期を煽って東京で一泊
『バルサミコ愛知に行く』の画像

「バックスイングで手首の尺屈を入れ、戻す最中にインパクトする。」注釈:尺屈とは手首を小指側に曲げること。解説:張本くんのバックドライブの最も特徴的な動作は何かといえば、バックドライブで下から上のスイングながらラケット位置が非常に高いことが挙げられるだろう

「肘を脇を開けるようにして横に出す。前に出すのは慣れてから。」解説:肩関節外転を意識することが目的。肩関節を外転させた場合と、させない場合だとさせない場合の方が肩関節内転をしながらチキータを行うとスイングが自然と前になってしまう。それ故にラケットのインパ

「頂点付近までスイングしないで待ってから、インパクトしにいく」解説:様々な動画から高速チキータを考察していますが、どれも共通しているのは頂点少し手前まで必ず停止し、頂点付近にラケットが来るように動いて待っているということ。勿論3Hitや外転を用いた運動からア

 プロみたいにいつもぶち抜きチキータできないこう疑問を思ったことがある人は私だけではないはず。自分でいうのはなんだが、ネットより高いサービスならぶち抜ける方法は心得ているつもりだし、フォームもそんなに悪くない。なのになぜいつも入らないのか。・・・自分で答

前記事: 山形大学本部にて指導と研究をしての気付き「外転の程度の定義とプラボールにおけるドライブの変遷」①の続きから。本部の学生と練習した際のこと。一回位見たことがあるのかもしれないが一切記憶にない子で初対面。基礎打ちにしろドライブにしろバック系技術にし

本日三つ目の記事ですが、楽しかったのでさくっとまとめました。後輩と相当久しぶりにゲームした。「サーブイップスを克服しました! 」と意気揚々とフォアサーブを出され続け、バックサーブもいい時のまま。更には巻き込みサーブも以前よりも低くて切れてて、火曜日練習した
『強い相手と試合するとあるある~待ち方を忘れたので頑張って動かないように動く~』の画像

昨日4時~9時くらいまで山大卓球部の本部(医学部の部活でなく、文系学部とか理学部とかの全学と呼ばれる方のキャンパスの部活)に顔を出し、知り合いの三段選手、初段持ちの公立校の顧問の先生、全学の学生と練習、というより研究をメインにした。それぞれで感じたこと、考

  2:54~くらいからの馬特の足運びに注目。最初の2歩で落下地点に寄ってボールが来るまで動作を緩めるのが印象的。卓球の場合落下地点で待つ競技でなく、打球点で待つ競技な為、動作を徐々にゆるめて待つよりもテイクバック→狙いの動作まで加速しながら打球点に近づくこ
『卓球でバドミントンのフットワーク?』の画像

私が所属する卓球部で本物のサーブイップスだと思える症例を3例経験している。1例目は某県某高校生の時、県予選三冠を果たしインハイに出場した先輩。武器は多彩なサービスからの三球目で、生命線だった。それ故にものすごいこだわりがあり、伸びるアップと伸びないアップを

昨日リアルタイムで見ながら感想を三連発で上げてみてが、一つだけ拭えない疑問が生じた。「今回ドイツと当たってない」テレビ東京で調べて見たが、どうやら韓国に負けているよう。オフチャロフ、ボルの双璧がいるドイツがなぜ韓国に?調べてもろくな情報が出てこないため、Y
『チームワールドカップ総括』の画像

1ゲーム目マロンのフォアをどう処理するか、マロンのバッククロスをどう処理するか、一見当たり前のようだが、強力な二つの筋を丹羽は攻略しなければならない。フォアに対しては自分がイメージした強打を貰えるような球質変化、バッククロスに対してはフォアクロスカウンター

1ゲーム目序盤のバックバックの差し合いで張本のやれそう感が高まる。だがフォアに出たボールの処理が必ずエース級になるファンツェンドン。勝機は先にバック攻めだが、ミドルへのループを回り込みし辛い張本。お互いにバックからフォアに送るボールが遅めで得点源になってい

1ゲーム目 「上田、世界についていけるか」3-3くらいまで上田は凡ミスを続け、怪しさを醸し出す。受け主体の卓球ながら徐々に攻める筋を見つけ始める。丹羽のとんでもプレーについていこうと頑張りプレーに徹する。そして徐々に開花する。丹羽の丹羽らしいびっくりプレーが

全くもって予想が外れましたねそれに卒業旅行でいった先がまさかのテレビが無いユースホステル行きも帰りも乗ったフェリーにはテレビがあるがテレビ東京が見られない。それに団体のシステムも始まるまで知らず、三人で出るんでしたね。。それなら女子だと平野は外れざるを得

今週2月22日~25日からかけてロンドンにて行われる卓球チームワールドカップ。ちょうどこの時期私も卒業旅行で見る余裕が無さそう…と思いきや、行く場所はテレビ東京が入る離島なので普通に見れそうでわくわくしています。ただ一番熱いだろう準決勝以降は帰りの船の上ので見
『卓球チームワールドカップの見どころ』の画像

3Hitをより拡大解釈した際、3Hitを踏襲しつつ動きの中でこれを満たす運動を見つけました。最近のブログでもちょいちょい出してますが、それが肩関節の外転運動です。例えばフォアハンドこれには二つの運動の解釈があり、ひとえに肩甲骨打法と言うと対象が広くぼやけてしまい
『3Hitを拡大解釈した運動とは~みまぱんちに隠された運動の謎に迫る~』の画像

昨日は久しぶりに3時間みっちり同じレベルでバチバチにやれる後輩とオールメインで卓球した。グリップの考察(前記事:グリップの脱力の最小単位)とか、上腕の運動の考察 (編集中)もあってかボールの収まりが良く、ストップもレシーブも低くコントロールできた。また試験
『何よりもまずは浮き球処理~張本くんのバックドライブを研究して再認識したこと~』の画像

グリップの最小とは何か参考記事:一歩先の考え方③;よくある練習を見直してみると休止以前にある程度触れていたテーマであるが、たまたま習うことはなかった母指対立運動に触れ、理解が深まったのでそこから考察する。まず初めに問題提起、Q.最小の力でシェークハンドラケ
『グリップの脱力の最小単位』の画像

―――情報が溢れ返っている現代において、情報を識別する能力、情報リテラシーが求められるようになったものの、情報量に相応のそれを持っている人間は果たしてどれだけいるのだろうか。―――音楽プレイヤーと言えばCD、MDプレイヤーなどが主流だったが、気付けばmp3に置き
『【長文】皆ちがって皆いい!~情報リテラシー~』の画像

技術系の記事がメインの氏のブログであるが、それもどうやら一通り考察をし終えてマイナーチェンジが多い印象を感じていた今日この頃。突如切れ味抜群の記事を挙げられたので紹介したい。 私の卓球史――黎明期から近代前夜までこの記事が上がった時、勉強真っ最中ながら、BG
『クロニクルのすすめ~しろの氏の記事から落合陽一を絡めて~』の画像

前半はアフィリエイトの為の露骨なステマをしましょう!国試終わったんで買ってみました、噂のスライドボード!黒くてつるつるなボードを、シューズの上にこれまたつるつるな袋をかぶせて、この上をすいすいすべる。日本代表が取り入れているらしく、張本君がこれで練習して
『張本くんが使ってると噂のスライドボード紹介&2か月ぶりの卓球』の画像

※何が良かったの?の続きです。。休止以前の記事の続きを書き溜めて放置していたものを仕上げて今さら上げてみます。セクハラとはセクシャルハラスメントの略で、おっさんが娘さんに嫌がらせをすること。スポーツの指導の際にもよく見られるセクハラ。メリットとしては、セ

皆さんお久しぶりです。バルサミコです。医師国家試験を受けてきて、予備校の採点サイトを使って自己採点をすませて一息ついているところです。結果としては晒せるレベルではないものの、相対的な割合としてはまあ受かる位置にいるみたいです。マークミスさえなければ大丈夫

後輩全員に同じことを教えながらも、数人になるたけ時間を割いて経過を見ていたところ驚くべき変化がみられるようになった。それはタッチのバラエティーが増えたということ。これまで「厚く」とか「薄く」といっても本人の感覚として厚く薄くをしているつもりが、実際は対し

5時間くらいしか打ちこめていないのであっさりレビュー。和の極み煉、ニッタクJトップで使用。フォアで使った感じは、慣れれば普通に飛ばせるが最初はびっくりするくらいに弾まない。だが、弾まないもののスマッシュはとんでもなくしやすく普通にスピード出るし、パチパチ系

前記事:「一歩先を考える②;ツッツキを逆張りして正当化する」微細なタッチを学ぶためには、そもそも絶対に飛ばない条件を知らねばならない。 ツッツキを飛ばさない方法は上下方向、前後左右のベクトルの衝突を避けることだが、流れの中で相手に打たれないようにボールコ

 数年前にこれを見つけて以来、(投稿者は違うが)よくこの動画を見てループドライブ研究をするのだけれど、最近の打法研究に基づいてみるとなかなか違った形で見える。コースが分かり辛いとかそんな平凡なことを言ってるのではなく、ボールの球質を変える為の打法指導の
『劉国梁のループドライブ指導』の画像

短いツッツキを送ってからの展開を研究していて思うのだが、自分が打てるボールが来た時、やれることとして技術の種類の何があるかの幅があることよりも、明確に違う球質のボールをいくつ出せるか、もしくは相手が知らず知らずミスをするような球質差が出せるか否かの方が重
『分岐がある戦術が淡白に見られる場合』の画像

「少し動くとなぜか思った通りのボールが出せない 」こんな悩みを抱えたことはだれしにもあると思う。後輩に教えていて、打法を教え、さあ実際に三球目をしてみようとなると、どうも安定して入らない。いつも指摘するポイントとしては以下の三点・自分の打球点よりもラケット

↑このページのトップヘ